フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2016年9月18日 (日)

立山へ②

立山2日目

朝起きてみれば絶景が目の前に。
青空です!
立山の雄大な景色にため息ですsign03
少し紅葉の始まった立山ですmaple
雷鳥沢より立山連邦
Dsc06474
池塘もあります。
Dsc06475_2
大日岳方面
Dsc06476
ギザギザの劔
Dsc06477
みくりが池も綺麗です
Dsc06478
昨日、登らなかった浄土山に向かいます。
青空全開、いい景色が見れそうです。
Dsc06480
一の越への途中に右に入る登山口があります。
浄土山→一の越→室堂の予定
Dsc06483
ここも岩ゴロの登山道
Dsc06484
ドンドン岩が大きくなってきます(>_<)
Dsc06487
若い人たちに追い越されてしまいます。すいすいと登って行きました。
Dsc06490
浄土山から見る、雄山、大汝、別山、絶景です(^O^)/
あの稜線を、この青空に歩きたかったな~sign03
Dsc06491
左のトンガリは笠ヶ岳かな。山並みが綺麗です。
Dsc06489
浄土山頂上、大きな祠があります。
Dsc06499
祠の後ろには、雲がもくもく~これもまたいい景色
Dsc06495
一の越への分岐まで歩きます。
尖った山は、龍王岳です。
Dsc06498
五色が原、一の越への分岐、
360度の大パノラマ
Dsc06502
槍がよく見えます~sign03
Dsc06493
この分岐に来たら、龍王岳の岩山、頂上に立っているではありませんかeye
あそこ登れるの??
Dsc06503
槍の再現、ブルブルthunder
降りて来た人に聞けば20分くらいで行けますよ。
大丈夫ですよ!と言われ、私だけザックを置いて登ることに(-_-;)
Dsc06512
龍王岳頂上
ビビリましたが、頂上に立てました!
青空でなければ見れない立山連邦の絶景が見れました。
Dsc06505
チラット見えるは黒部湖??
Dsc06509
龍王岳より下山して、一の越へ向かいます。
この稜線歩きがまた素敵な稜線です。
Dsc06515
時間もあるので、ゆっくりゆっくり左右前後見ながら歩きます。
前日とは気持ちが大違いです。
Dsc06518
一の越山荘に来ました。まっすぐ行けば雄山です。
大勢の人が登っています。
Dsc06520
ナナカマドの実も赤く綺麗です。
Dsc06523
もう一回、みくりが池を見て帰ります。
Dsc06524
観光とは違った立山、一日目はガスと青空のまずまずの天気、
どうしても午後はガスりやすいですね。
二日目は、青空に恵まれて立山の絶景を見ることができました。
帰る頃は、もうガスが広がっていました。
少し紅葉の始まった立山、季節を変えて、また行きたいと思うのでした。

2016年9月15日 (木)

立山へ①

立山へ
立山は観光で行きましたが、その時は全く登山なんて考えてもなく散策して
楽しんで来ましたが、今回は登山です。
本当は8月に行こうと思っていたのですが、雨で延期9月に。
またもや台風でダメかと思っていましたが予備日で通過していったので、
一日遅れて出発car
9月9日~10日
台風一過とは言えない天気、青空、ガスと引き分けの天気、でも絶景が見れて
おとうと、立山を満喫してきました。
立山三山は、浄土山、雄山、別山ですが、
一の越、雄山、大汝山、別山、雷鳥沢、室堂と一日目は縦走です。
標準7時間10分 10km
帰りのバスに間に合わないといけないので、一泊することにしてあります。
立山駅より一番のケーブルカー、バスに乗り室堂へ
ガスの中スタートです。
立山の景色は見えません。
Dsc06352
石畳の道を一の越に向かって歩きます。
草紅葉が少し始まっています。
Dsc06355
一ノ越、雄山方面に向かいます。
Dsc06358_3
朝方までの雨で濡れて水滴が球に、綺麗です。
Dsc06360_2
一の越への道
Dsc06365
一の越山荘  右へ行くと浄土山、左へは雄山です。
雄山に向かいます。
Dsc06371
手前はトイレ 岩稜の登山道を登ります。
青空も見えて来ました。
Dsc06375_2
なかなかの登山道じゃないですか!でも絶景です!
もっと普通?の登山道を登るのかと思ってました。
下調べ不足ですdown
Dsc06372
登って見ればこんな感じの、岩々です。
Dsc06377
だいぶ登りました、一の越山荘がかなり下になりました。
Dsc06378
ほとんど、岩々
Dsc06380
岩登りは、三点指示で登ります。
急登の登山道より、岩々の方が登れるような…?!
Dsc06381
雄山頂上が見えて来ました(^O^)/
Dsc06389
雄山神社峰本社 頂上到着!
大勢の人がいます。
Dsc06402
Dsc06396
鳥居の向こう最高地点に 祠があります。
Dsc06403
祈祷しています。
Dsc06400
見渡せば、この前登った、槍のトンガリが見えます。
P1010150
一等三角点
P1010156

雄山頂上で簡単お昼を食べ、大汝山に向かいます。
20分位とか?
岩々です。立山って岩登り、岩歩きだったんですね(>_<)
Dsc06404
急斜面の岩道歩き、人気の山、初級の山にしては険しいかなthunder
Dsc06407
大汝山が見えて来ました。トンガリです。
Dsc06408
大汝山 富山最高峰3015m 標柱、プラカードみたいです。
Dsc064091
下に見えるは大汝休憩所
Dsc06413
別山に向かいます。急にガスがでてきました。コロコロ変わりやすいですね。
ガスは方向失いやすいので神経使いますthunder
Dsc06416
ここにもトンガリ(>_<) 富士の折立
槍のトンガリみたいです。
ガスで景色は望めないので先に行きます。
写真では青空だったんですね。
Dsc06417
ガスの中の稜線歩きです。見えれば絶景です。心の目で見ますeye
Dsc06419
ガスで行くてがわかりません。右はカルデラ地形、滑ると滑落です(>_<)
この稜線、青空で歩ければ最高の景色がみれるのに残念。
Dsc06421
Dsc06428
さっきまで、登山者さんいっぱいいたのに、数人になりました。
皆、どこに行ったのかな?
別山になかなか着かず不安に。おとうはバテバテsweat02
あのトンガリの先らしいのですが、後ろの二人、別山に登らないで雷鳥沢に下山するようです。先頭の方も迷っている様子、皆さん声かけあってどこに下山するのか??
雷鳥沢までだと2時間位かかりますよ。
だいぶ時間オバーしているので雷鳥沢まで、遅くなりそうです。
剣御前小屋なら近いから、一緒にそこにしますか??
空いているはずですよ。なんてありがたいお声を掛けてもらいましたが、雷鳥沢まで戻ります。
頂上はすぐそこだから、取り敢えず頂上に行きましょう!!

急に足早になって岩を登り頂上が見えて来ました。
別山頂上だ~ヤッタ-!!
Dsc06429
頂上到着!2880m
Dsc06430_2
別山頂上は広いです。
劔の展望はありません(T_T)目の前の劔見たかったな~!
Dsc06435
ゆっくりしているわけにはいかないので、別山乗越、劔御前小屋方面に
下山します。ここもまたそれなりに険しい道です。
Dsc06436
地図では近くに見えましたがだいぶあります。
Dsc06438
ガスでやはり先がよく見えません(>_<)
Dsc06440
やっと、別山乗越、劔御前小屋が見えて来ました。
Dsc06442
小屋前にある劔への道
Dsc06443_2

劔御前小屋 少し休憩して雷鳥沢に下山します。
小屋前には誰もいません。
雷鳥沢まで、まだまだ時間かかりそうです(>_<)
Dsc06444
下山道、岩や小砂利で慎重に!
途中、劔に登る大勢の方とスライド、明日は天気いいはずだから
絶景のなか登れることでしょう!
Dsc06447
ガスッてますが、紅葉が綺麗です。
Dsc06449
雷鳥沢までの道を焦りながらも景色を楽しみました。
Dsc06454
いたいた、これ雷鳥?少し違うような。
Dsc06455
雷鳥沢ヒュッテにロッヂ立山が見えて来ました~!
Dsc06461
この橋を渡れば、キャンプ場です。
長かったな~!
Dsc06464
今登って来た山々、絶景です!手前キャンプ場です。
キャンプする人も少なくなりました。
Dsc06469
奥は大日連山です。地獄谷、温泉の臭いプンプン
Dsc06468_2
標準時間オーバーしてやっと、雷鳥沢に戻って来ました。
室堂から一の越、雄山、大汝山、別山、雷鳥沢周回、
岩々の岩稜歩き、半分はガスの中でしたが、それなりに立山の雄大な景色が見れて満足、
想像以上に立山は素晴らしかったです。
この日は、雷鳥荘に泊まりました。風呂付、気持ちよかったです~spa

さて、明日はどうする??


 
 

最近のトラックバック