フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2017年10月 9日 (月)

飯豊山へ・・②

夜、星も見れたので晴れるかな??
朝、テントから顔を出してみれば、昨日とは違いご来光です!!
持っていったダウン、雨具全部着ても寒い、ブルブルです。
Img_2047
大日岳(飯豊最高峰)方面、よく見えます。
飯豊の景色、やった~\(^o^)/
Img_2037
飯豊本山小屋(右)に飯豊本山(左)
Img_2041
福島方面 右にちょこっと見えるのが磐梯山 ??
雲海が凄い~shine
Img_2042
もう一回、飯豊本山頂上に行きます
本山小屋より本山に向かう稜線 かっこいい~!!
Img_2043
モルゲンロード飯豊山
Img_2049
ダイグラ尾根 これもまたかっこいい~!!
手強そうな尾根です(T_T)
Img_2051
昨日、何も見えなった頂上は360度絶景です。
Img_2052
 
Img_2060
大日岳にガスがかかり始めました。
Img_2067
テントを撤収し、下山します。
前日は、登りで景色を見れなかったので、下山は何度も振り返りながら
紅葉の飯豊の絶景を堪能します。
Img_2068
右、本山小屋がある所です。
Img_2072
紅葉の真っ盛り展望良しで、わ~わ~凄い、凄いの連発dash
Img_2073
ガスが押し寄せて来ます!
Img_2091
こんな岩場を登ってたんですね(>_<)
09231
切合小屋到着
水はたっぷりあります。
Img_2092
飯豊の稜線も見納めです。
飯豊は、いいで~!!よかった~!
Img_2095
またもや岩場
Img_2101
皆さん、苦戦していました。
Img_2102
あとは樹林帯を歩き、やっと登山口に戻って来ました。
Img_2103


重いザックを担ぎ、飯豊本山まで行けた事、
自分でもビックリなのですが、道も整備されてて歩きやすかったようで
あまり苦戦しなく登って来れました。
ガス率が高い山なのか、他の方の飯豊の山行見ても本山小屋からの稜線、
大日岳への山々を見ることがなかったのですが、自分の目で飯豊連峰の雄大な
絶景を見ることができ、感激の山行でした。
 
やはり飯豊はいいで~と、皆で大声で言いましたよ!!

2017年10月 8日 (日)

飯豊山へ・・①

飯豊はいいで~!!

飯豊本山
9月23日~24日
 
今年は無理かと思ってましたが、行くよ~っと声がかかりました。
飯豊行くから、何とか青空をsun
難儀思いをしていくのに、ガスや雨では折角の飯豊山も修行??!
必ず晴れに~と、言われてもねbearing
普通に日帰り装備でも、大変な山なのに、今回はテン泊装備担いで行くなんて
何を考えているのか(T_T)
考えただけでも、気が重くなりそうでした。でも何とかなるのかな??と。
ここで行かなければ、いつになっても行けないと、重いザック担いで行きますscissors
同行者、皆、初テント泊デビューです。
 
天気予報は、二転三転して、行先変更もありましたが、雨から曇り、そして晴れ予報
晴れを頼む~~責任重大!!なんとかなるでしょう(*^^)v
駐車場に着いても雨は降っています。
少し小降りになるのを待ちますが、なかなか止まないので雨具を着ました。
暫くは、樹林帯歩きなので、雨もそう大したことはありません。
20分位登って暑くなり、雨具はすぐ脱ぎました。
 
御沢野営場登山口
Img_1988
休憩Pは少し広くなっています。
知り合いの方に会い、登山道状況を聞きました。
岩もありますよ~(>_<)
Img_1992
剣が峰
岩々です。その他は道は整備された歩きやすい道でした。
Img_1994
三国避難小屋 三国(山形・福島・新潟)
Img_1997
こんな梯子もありました。
Img_1998
切合小屋(きりあわせ)到着、
ガスで真っ白。景色が無い中、重いザックでゆっくりゆっくり、何とか来ました。
水場があるので、水分補給します。
本山まだまだです。
Img_2000
少し紅葉しています。
歩いて行く道がわかります。
Img_2004
女人禁制を破って石になったという姥権現
Img_2006
 
Img_2007
また岩登りです。
Img_2008
飯豊山神社到着!
Img_2010
飯豊本山小屋 テン泊受付をします。
09237
小屋より20分位歩いて
やった~(^O^)/
飯豊本山到着
どんな景色なのか、さっぱりわかりません。
Img_2023
戻ってテント設営  
Img_2031
夜は寒くてブルブル、ホッカイロで少しは暖かく出来ました。
typhoonが強く、飛びそうでした。
同行者は、夜中に星が見えると大騒ぎ、寒さも忘れて写真撮っていました。
テントから顔だけ出して、久々に天の川を見ることが出来ました。
感激~これがテン泊の醍醐味??!
 
明日は晴れてくれないかな~!
飯豊山の景色を見ないで帰るなんて、ただの修行になるの??
 
きっと晴れます(*^^)v
 

2017年7月 9日 (日)

飯豊連峰に一歩踏み入れ

雄大でなかなか踏みいれることができなかった飯豊連峰へ

頼母木山へ(たもぎやま)
1720m
6月28日
『2ヶ月前位に飯豊に行こう・・』と、いつものメンバーで話をしていて、
鍛えておけよ~(>_<)と言われ、それなりに、鍛えてきたつもり、つもり?です。
 
奥胎内ヒュッテから林道を歩いて50分ほどの所に登山口があります。
(一番近い登山口になるのでしょうか)
7月1日からは、乗り合いタクシーが始まるので登山口まで歩かなくてもよくなります。
50分準備体操のつもりで歩きました。

奥胎内ヒュッテ ここより林道を50分ほど歩きます。
Img_1124
足の松尾根登山口
Img_1127
急な根っこの登りが続きます(>_<)
Img_1130
網目のような根っこの登りに悩まされます(T_T)
下山を考えると心配、考えてもしょうがないので、とにかく登ります。
062801_2
登山道真ん中に大きな岩、この上を登って進みます。
Img_1131
姫子の峰 峰ごとに休憩します。
Img_1132
またしても切り立った岩の道
Img_1134
英三ノ峰
Img_1138
ヒドノ峰
Img_1140
イチジ峰 
Img_1142
中央 分岐の大石山です。ヒメサユリが見頃でした。
Img_1145
西の峰  大石山までもう少しです。
Img_1149
分岐の大石山到着 右に行くと頼母木山、左に行くと朳差岳
 見えるは頼母小屋と頼母木山への稜線
Img_1150
左は朳差岳↓です。
こちらも小屋と朳差岳への稜線、かっこいいです。
Img_1148
頼母木山に向かいます。
ハクサンイチゲはもう咲き終わっていて、花畑は見れません。
Img_1153
頼母木小屋までもう少しです。
Img_1157
立派な小屋です。
Img_1163
後ろは、朳差岳 到着後、青空になりました~!
Img_1182
20分位歩いて、頼母木山頂上  遠く後ろに、飯豊本山が見えました。
そこまで行ける日が来るのだろうか??
Img_1170
地神山、門内岳方面
Img_1185
頼母木山山頂より少し歩いて花畑がありました。
終わりかけの背伸びしたハクサンイチゲが咲いていました。
Img_1178
チングルマが見頃です。
Img_1175
イイデリンドウ 
Img_1168
小屋に戻りお昼としました。
冷たい水がいっぱい出ていました。
Img_1180
飯豊の展望の山  二王子岳 
Img_1187
朳差岳 青空にゼブラ模様、何度見ても素晴らしい!
Img_1189
ピストンで下山、
根っこ地獄に、登りよりキツイ下山に悩まされました。
中央奥の大石山(分岐)まで遠い道のりでした。
Img_1194
 
初の飯豊連峰に足を踏みいれて、天気にも恵まれて雄大な山に魅了されて来ました。
チャンスがあれば本山に行ってみたいです~!
 

最近のトラックバック