フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2017年2月22日 (水)

日光へ…ラッセル山行

翌日は、ゆるゆるとガッツリとどちらが希望って…全員一致で、ゆるゆるで<m(__)m>

日光の山と言ったら、白根山か、男体山位しかしらないので、ましてや雪がどうなのかなんてわかりません、一応、山装備は一式持って来てということでした。


半月山1753mへ
片道二時間で登れます~って、それなら大丈夫かな??ラッセルなんてこれっぽちも考えてないのです。
雪がなければ、楽々登山、頂上まであっという間ですが、雪ではスカイライン入口から
車は入れません、歩くしかありません。いきなりラッセルの始まりです。
立木観音より
トレースなしです。
Img_0119
先行者さんの後から付いて行きます。
Img_0120
スカイラインはくねくねなので、途中尾根道に上がれそうなところを
藪漕ぎして登りますが、一歩上がって半歩下がったりで思うように進みません。
前のベテラン二人はどんどん行くので、焦ります。
Img_0121
後ろの人達も、苦戦しながら登ってきます。
Img_0123
尾根道に出ましたが、どんどん離されて必死です!!
Img_0124
誰も歩いてない道は美しくため息が出ます。
Img_0125
見晴らしのいいところに出ました、絶景です!
中央、奥に薄っすらと、筑波山が見えます。
Img_0130_2
正面に、半月山が見えて来ました~!行ったん下るので登り返しが~!
この辺は腰までズボズボなところあり、泳いでいました。
Img_0133
暫く行くと、半月展望台へ
これは素晴らしい~青空に雄大な冬の男体山です(^O^)/
これはなかなか見ることはできないかも。
雪がなければ、車で簡単ですが、冬はラッセルでやっとやっと、
でもこの景色が待っていてくれたおかげで、疲れも吹っ飛びました~(^.^)/~~~」
Img_0135
この展望台から、やっと半月山の登山口です、ここまで長かった(-_-;)
頂上まで1・3K あとどのくらいかかるのか?
ここは風も強く、ビシビシと頬に刺さります。
Img_0137
展望台より一時間位で頂上到着、展望はありません。
Img_0139
この先に、見晴らし台がありましたが、何人かは行きましたが、力尽きて待つことに。
これは、見晴らし台に行った人からお借りしてます。
17021214
下山は登り返しがきついので車道を歩きました。
Img_0141
車道ではかなり遠回りになるというので、痩せ尾根を見つけて
下りします。これが恐かった~、踏み外すとズルズルと急降下です。
17021215
降りたところは、登りで藪漕ぎしたところより100m位上、なんともショートカット成功です。

登りラッセル約4時間これがゆる??…まさか(T_T)
 
ハードの山ってお願いしたら、どんな山に登っていたのか??
でも、男体山のこの景色が見れたので、良しとします~!
女子部で一枚
Imj01
2日間、日光の氷点下の寒さにブルブル、でしたが、
青空に恵まれ、楽しい日光を満喫できました。
 
 

2017年2月15日 (水)

日光へ…雲竜渓谷

2月、これは外せないイベントで、雲竜渓谷へ山友さんと行って来ました。

一週間前に、色々あり行けないかも??ってことになりそうでしたが、
トレーラーハウス泊まりで楽しく行って来ました。
(修学旅行みたいでした。)

この時期限定の、雲竜渓谷
2月11日
東照宮の駐車場に車を停めて
滝尾神社まで、車でピストン搬送してもらいました。駐車場はもう満車です。
この先も、路肩に何台も停めてあります。
Img_0068
だいぶ歩いてゲート入口です。左に行きます。ここからも林道歩きです。
道もツルツル、キョロキョロな所もありました。
Img_0071
氷点下の寒さ、キ~ンと冷えて澄み切った青空、気持ちがいいです(^O^)/
Img_0074
沢コ-スへ行きます。落ちないで渡渉できるのか心配です(;'∀')
Img_0075
飛び方が足りないとドボンです。慎重に!
Img_0079
いよいよ氷柱が見えて来ました。
Img_0080
最後の渡渉?とにかく慎重にです!
03
ワー凄い~(@_@。
Img_0082
凄い、凄い~(@_@。
Img_0083
これも凄い~(@_@。 連発です!
Img_0086
アイスクライミングしています。
Img_0087
巨大氷柱の裏側に入りました。
少しブルーです。
Img_0090
この3本の巨大氷柱が凄い~(@_@。
Img_0093
一番奥にある氷瀑、 左右の氷柱も見事です。
自然の作り出す神殿(@_@。
Img_0096
氷瀑がよく見える高い所に登ってみました。
激混みかと思いましたが、そんなにいません。
人が小さいですね。氷瀑がいかに大きいか(^.^)/~~~
01
氷瀑の下で、お昼としました。じっとしていると寒い~ブルブルthunderthunder
Img_0105
 
最後少し急な登りがありましたが、やはり凍り方が半端ないので、怖かったです。
調度寒波襲来で、身頃の氷瀑、氷柱が見れましたsnow
見てみないとこの氷瀑がいかに巨大で素晴らしいか想像がつきませんでしたが
納得です~(*^^)v
時折り、風も強くなったりで、氷点下の冷たさにビビッって来ました。
なんと、下山は東照宮の駐車場まで歩きましたshoeshoe(σ・∀・)σゲッソリ
 
この日は、トレーラーハウス(炊事道具一式揃っていて安価)に泊まり、
現地案内人から、餃子、トチオトメ他調達してもらい、美味しく食べて来ました~bleah

Img_0115_2
 
さて次の日は~ゆる登山ってことでお願いしたのですが…(T_T)

最近のトラックバック