フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2017年6月21日 (水)

尾瀬へ・・燧ケ岳

 
朝、テント一式を片付け、燧ケ岳に向かいます。
背中は重いです~(>_<)
メンバーの1人は、登らないで沼山峠方面に行って温泉に入って御池で待ってると別れました。ここで、燧ケ岳に登らないで帰る選択肢もありました(-_-;)
でも、登らない方が後悔が大きいので登山組に着いて行きます。


見晴より数分の所に登山口があります。
藪、ドロドロ残雪の登山道
赤テ-プ頼りに置いていかれないように、必死に登りますが、
やはり差は付きます。赤テープも見失って右往左往して見たり、前の人がみえなくなって焦ります(-_-;)
ちょっとヤバいかも~(>_<)と言うと、
温泉に行くてもあったのに、ここで言われてもどうしようもないよ・・と(涙)
確かにそうなんです。頑張らないとなんです。
 
なんとか足は前に出ます。ゆっくりでも着いて行ってます。
後ろに隊長が付いて来てくれています。それだけで安心!
Img_0898
写真撮ってる暇がありません(>_<)

いきなり山頂直下になりました<m(__)m>
青空(^O^)/ もうひと踏ん張りですdash
ゆっくりゆっくり一歩一歩登れば着くはず。
遠くの山々の景色眺めてると、何とか登れてるから不思議、
Img_0902
ビリッケツでしたが、頂上到着 
燧ケ岳頂上(柴安嵓) いい眺めですよ~!
登山口より4時間キツカッタ~(>_<) ド~ンとザックを降ろします。
ここでお昼とします。
Img_0904
広大な尾瀬ヶ原と至仏山 有名な山々がずらり~と見えます。
Img_0903
至仏山・小至仏山・笠ヶ岳
Img_0899
これから行く、俎嵓
Img_0908
尾瀬沼  奥中央に、日光白根山・左に男体山
Img_0912_2
平が岳~中ノ岳~越後駒ケ岳  
Img_0909
お昼を食べ、隣の俎嵓、御池方面に下ります。
燧ケ岳頂上手前に会った方に、御池方面はどんな道でしたか??と、
尋ねたら、自分の力量では、戻れそうも無いので見晴に下山すると。
ほう~どんなになっているのでしょうか??
 
燧ケ岳よりすぐの鞍部に向かう急斜面に(@_@)   
50度とか・絶壁のようですWWW 足元を見ているようです。
去年もメンバーがここで滑落したとか?アチャ-(-_-;)
皆さん、どうしようか止まってます。

アイゼンなしで、降りて行く人も・・凄すぎ(@_@)
降りて行くのを見るだけでもブルブルです。
下の方で滑落して、脇のハイマツタイに転げ落ちている人もいました。
ザックを投げて降りていく人も。
ここはベテランさん、ロープをもって来ていたので、準備をしてもらい、
ロープにつかまり、難を逃れました。
でもロープが斜面の半分くらいしかないので、そこからが大変。
やはり滑ってハイマツタイにドーンと。いやいや参りました(;^_^A
Img_0911
この方、平気、平気、一旦降りてまた登ってきて、私のザックを担いで降りて行きました。
(人''▽`)ありがとう☆
Img_0914
どうにかこうにか、俎嵓到着
Img_0917
俎嵓より見る、燧ケ岳 中央の残雪の所を降りて来ました。
Img_0918
会津駒ケ岳 それにしても山がすっきりよく見えます。
Img_0922
会津駒ケ岳を見ながら下山します。
御池方面はかなり残雪歩き。トラバースも何か所か、プチ滑落経験者なので、
慎重に歩きました。
Img_0927
熊沢田代湿原が見えて来ました。こちら側も絶景です。
Img_0931
長い木道
Img_0934
熊沢湿原より見る、平が岳~中ノ岳~駒ケ岳
Img_0935
広沢田代
木道は続きます。
Img_0938
池塘いっぱいの湿原
Img_0940
登山道は、歩きやすい所もありましたが、グチャグチャ、岩ゴロ、踏みぬき、滝の様な所もありと四苦八苦しての下山でした。(ドロドロ道では必死で降りているので写真はなしです)
 
2日目は青空の晴天、すっきりと残雪の山々が見れ最高の燧ケ岳登山でした。
今回、初のテント泊しての尾瀬ヶ原と燧ケ岳、
慣れない重いザック担いで、ゆらゆらしていましたが、何とか登頂することが出来、助けてもらったメンバーに感謝です。毎年尾瀬でのテント泊イベントに初参加、思い出の尾瀬となりました。
 
遥かな~尾瀬~を満喫した2日間でした。

2017年6月18日 (日)

尾瀬へ.・・見晴テント泊

予定していた山が、雨で中止になって、ドタ参で尾瀬のイベントに行ってきました。
『見晴でテン泊して燧ケ岳に登ろう』

テン泊??装備がないので、無理かと隊長に相談したら、寝袋とマットだけ持って来てくれれば何とか2~3人用のでやりくりするからと・・・
一応、泊まりの準備をザックに詰めて行きました。

今回は御池~見晴~燧ケ岳~見晴という行程
御池の駐車場に着くと、メンバーの1人が、テント一式を貸してくれるというのです。

え~(;;;´Д`)まさかの歩荷、そんなにザック大きくありません。
大丈夫、これなら入るからとザックを開けて突っ込まれてしまいました。
それはいいんですが、担いで見晴まで歩いて、燧ケ岳??まさか~weep
片手で持ってやっと位です。普通のザックでも登るのがやっとなのにsweat01
底力だして行くしかないですね~annoy

見晴まではそう高低差もない山道、でも枝が登山道に倒れててザックに引っ掛かったり
と,想像とは違う大変な道でした。
尾瀬なので、木道の平坦な道ばかりを想像していました。
 
御池駐車場スタートです。
Img_0845

トン汁を作るとの事で、大根・ネギ・大鍋をアクセサリーにしてスタートです。
Img_0846
残雪歩きもあります。
Img_0848
尾瀬らしい景色、木道に水芭蕉
この木道に罠ありで、滑りやすい。
Img_0850
ここ山道ですね(>_<)
Img_0854
シボ沢 綺麗な橋でした。
Img_0857
三条の滝分岐
行きたかったけど、登り返しがあるとの事で見晴へ進みます。
(ザック重すぎ(>_<))
Img_0858
トガクシショウマ・・これみたさに尾瀬に来る人もいます。
Img_0860
休憩所 ここで小腹を見たします。少し雨もパラツイテきました。
Img_0863
休憩所を過ぎると広い湿原です。
Img_0866_2
どこまでも木道、これなら歩きやすいです。
小ぶりの水芭蕉も咲いています。
Img_0867
見晴到着です。小屋が数件あります。
Img_0872
尾瀬ケ原と至仏山
Img_0874
見晴の山小屋と双耳峰の燧ケ岳
Img_0882
見晴キャンプ場 カラフルなテント場
ベテランさんから設営を聞いて、狭いながらの我家を作りました。
テント設営が終わると雨も強くなって来ました。
安心したのと疲れたので、昼寝を少しsleepysleepy

このキャンプ場、水も豊富に使えるしトイレも水洗で綺麗でした。
Img_0875
雨の尾瀬はダウンを着ても寒かったです。
夕食に、具沢山のとん汁を作り温まりました。
Img_0877
夕食後、雨も止んだので、尾瀬ケ原散策に行きました。
Img_0890
空が赤くなっています。明日は天気よさそうです(*^^)v
Img_0893

昼頃からポツポツと降った雨も、テント設営終わる頃本降りに。
夕食は、水場のある小屋で食べることができて、殆ど雨にも濡れず過ごせたことはラッキーでした。夕食後、雨は止みました。
夜は冷え込み、氷点下-3度
夜中に寒くて何度も目が覚めて眠れません。
寒かった~thunderthunder

朝にはテントに着いた水滴がバリバリに凍ってました,ブルブルthunder
凍らせて持ってきた飲み物が、また凍ってました。

尾瀬でのテント泊、初体験、小屋泊とは違う(あたりまえですが)
歩荷は大変だけど、夜はゆっくりのんびり過ごせていいかも・・
夜中に目が覚めて外を見ると星がいっぱいでした☆☆

いよいよ、歩荷して燧ケ岳に登ります・・・(-_-;)

尾瀬で見た花、水芭蕉
Img_0889

ザゼンソウ 
Img_0886
ニッコウキスゲの新芽 もうすぐ黄色に染まる尾瀬ケ原になります。
Img_0883
水芭蕉とリュウキンカ
Img_0879


まだ雪解けしたばかりの尾瀬、咲いている花も少ないのかな。
湿原いっぱいの水芭蕉が見れてよかったです。

2016年10月17日 (月)

尾瀬ケ原&至仏山

雨ばかりで行き先変更ばかり、それでも何とか晴れの日に登ってこれるだけでもありがたいことですが、今回は晴れなのに、高速夜間通行止め、登山道倒木、路肩崩壊やら、
登山口の道までも通行止め(>_<)急遽変更して久々に行ってみたかった、尾瀬へ行って来ました。
山仲間も翌日から、尾瀬の見晴でテント泊イベントがあり都合が合わなくて不参加としていたので、もしや合流できればと思っていたのですが、晴れは1日しかありません。

尾瀬ケ原と、至仏山へ日帰りで1日早く行ってきま~すpaper
尾瀬の鳩待峠
Dsc06758
山ノ鼻へ向かいますmaple
少し紅葉しています。
Dsc06760
山ノ鼻到着。青空、いい天気ですsun
Dsc06762
これから登る至仏山です!
Dsc06764
その前に尾瀬ケ原の散策shoe
正面に燧ケ岳と尾瀬ケ原の木道、絵になる~
久々の秋の尾瀬はやはりいいですね~!
どこまでも歩いて行きたい草紅葉と木道の景色です。
Dsc06767
逆さ燧が見れる池塘ですが、波があり見れませんでした。
Dsc06768
Dsc06771
牛首まで歩いてから山ノ鼻に戻りました。
Dsc06774
山ノ鼻登山口
水溜まりと、蛇紋岩、階段に悪戦苦闘(>_<)
登り専用の意味が分かりました。登りでもかなり酷いですshock
Dsc06779
紅葉,黄葉が綺麗なのですが、少し登ったところで、クラクラ目まいsweat02sweat02
これでは、頂上まで行けない~どうした!?
少し休んで、速攻スタミナドリンク(ゼリー)を飲んだら復活、ホッ!
Dsc06780
この登山道、振り返る尾瀬の景色がいいんです。
Dsc06782
階段か、岩しかない登山道も珍しいです。
岩が丸く、滑ります、転びます、で注意です。
Dsc06786
階段も、傾いていたり、一段なかったり、浮いていたりと危険(T_T)
Dsc06787
やっと頂上かと少し足早に
Dsc06790
いやいやまだでしょう~!長い階段は続きます。
その先がありました。でももう少し!頑張れ~!
真夏だったら暑さでダウンです。
Dsc06795
何度となく振り返りパワーを貰いますup
Dsc06792
到着(^O^)/
狭い頂上でお昼とします。
涼しいというより、風は冷たく、ジッとしているとブルブルして来ます。
Dsc06797
何層にも連なる山々、よく見える時はよく見えますねeye
Dsc06811
周回コースで小至仏山へ行きます。
こちらも岩、岩です。
Dsc06804
至仏山頂上が遠くなって来ました。
Dsc06805
小至仏山への稜線、かっこいいですが、これまた歩きにくい(>_<)
Dsc06803
Dsc06806
小至仏山到着(^O^)/
Dsc06808
中間位の所に木道と草紅葉がありました。
やっと歩きやすい登山道です。
Dsc06816
タケカンバが青空に映えています。
Dsc06817
尾瀬と、燧ケ岳の景色も見納めです。
いい天気でよかった~!秋の一日満喫でした(^O^)/
Dsc06818
秋の登山は、気候がいいので爽やか、晴れれば絶好の登山日和です。
やはり尾瀬は期待を裏切らない景色が広がっていました。
ただ残念なのは、山ノ鼻からの登山道の整備をお願いしたいですが、
今の現状では無理なのかな…
 
 
 

最近のトラックバック