フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2017年3月20日 (月)

雪景色、凄い~浅草岳

去年の秋に登った浅草岳
今回は雪の浅草岳へ
3月12日
どんな景色が待っているのか…想像もつかず、
ただひたすら着いて行くだけ。冬限定の道で登ります。
前日に、山友さんが、途中までラッセルして道をつけてくれてました。
視界はなく途中で撤退との事でした。
 
当日は天気は晴れでした(^O^)/
ただ驚きの絶景、良い雪山歩きが出来ましたup
 
樹林帯を歩き、視界のいい所に出ました。
Img_0283
嘉平与ポッチが見えて来ました👀絶景を見ながら右へ右へ歩いて行きます。
先行者さんが歩いて行くのがよくわかります~!
Img_0290
嘉平与ノポッチ、少しバリバリ、慎重に!
Img_0291
前岳へ向かいます。
Img_0294
今、歩いて来た道です。滑り台のような、ジャンプ台のような。
ビックリポンの景色です。右奥が守門岳です。
Img_0296
頂上ももうすぐです。
Img_0298
燧ケ岳が見えます。左奥に薄く、日光白根山
天気がいいので、よく見えます。
Img_0293
頂上が見えて来ました(^.^)/~~~
やっとやっと登ってます(>_<) 景色が背中を押してくれます!(^^)!
Img_0301
頂上です。祠は雪の下です。
Img_0303
上の看板の裏側、バリバリモンスターです、( ゚Д゚)
Img_0314
田子倉湖  すき通るような、冷え冷えした景色。
Img_0310
鬼が面の絶壁と、ナマクリーム、凄いです~!
Img_0321
天気に恵まれて、雪山2年生、浅草岳の最高の雪山登山が出来ました。

秋の登山道を思い浮かべてみますが、どうしたらこの景色になるのか…

ただ素晴らしいの一言でした。
連れて行って貰った山友さんに感謝です<m(__)m>
 

2016年10月 8日 (土)

浅草岳へ

新潟・福島の県境に位置する、

浅草岳 1585m
桜曽根コース、ピストン
BSで、花の百名山として紹介された山です。

9月24日(土)
この時期は花は殆どありませんが、紅葉も素晴らしい山です。
紅葉には少し早いようですが、登って来ました。
今回は春、秋と恒例行事の校友会のメンバ-と一緒です。
SPゲスト、ベトナムのチェンプ-さんも、参加です。

桜ゾネ登山口..ここまでの林道歩きが長いです。
初めて登る山は、どんな登山道なのか??いつも思うことであります。
Dsc06707
階段からスタートです。
山友から浅草岳は、ニョロがいるから気をつけないとだよ、と言われて来ましたが、
登ってすぐの所に、やはりニョロがニョニョロと(T_T)
頂上の祠の中にも、ニョロがいる時もあるから…🐍
Dsc06708_3
登ってすぐの所に、鐘と祠があります。
Dsc06709
グル~と半周位歩いて登山口でした。
駐車場が見えて来ました。
Dsc06711
まだ紅葉には早いです。
しばらく樹林帯の中を登ります。
Dsc06712
少し雲がでておりますが、視界のある所にでました。
いい感じの景色が広がっていますeye
Dsc06713
一番、右の山まで行きますよ~shoe
Dsc06716
振り返れば、T市の団体さん、ぞろぞろと。
Dsc06727
この稜線歩きは、気持ちよく景色もいいです。
木道も歩きやすいです。
草紅葉、それなりに色づいています。
Dsc06728
これから行く、頂上付近、ガスってます(T_T)
Dsc06732
振り返れば、SPゲスト、1人道外れて写真を撮っていました。
日本の絶景に見とれています。ベトナムには登山という習慣はないそうです。
日本にきて富士山に2回登ったそうです、凄いdash
ここの稜線は、景色いいですよ~shine
Dsc06733
 
Dsc06735
頂上到着!まだそれほど人はいません。j
2日前に登った人に…実はこの祠に、大きな蛇の抜け殻があったと教えられましたsweat02
ずっとこの祠の中に居たんですねwobbly
よく見なくて良かった、ブルブルthunder
Dsc06736
Dsc06737
少し下に降りてお昼にしました。
同行のベトナムのお方、ちょっと恐い人みたい??でもいい人ですよhappy01
Dsc06746
あの団体さんで狭い頂上は満員御礼、少し標高下がったかなsweat01
Dsc06741
頂上から見る、田子倉湖。幻想的な景色ですsign03
Dsc06742
ガスってる景色もいいですね~!
綿雲、ふわふわ~cloudcloud
Dsc06740
Dsc06744
同行の皆さんです。
 
092401_2
 
浅草岳、人気の山です。
今回初めて登りましたが、そう急登もなければ登りやすい山でした。
最近、岩、岩に奮闘していたからそう感じるのかもです。
何か、優しい(易しいではありませんよ)雰囲気の山でした。
視界が開けてからと稜線歩きは、疲れも忘れてしまうような景色が見られました。
少し早かったけれど草紅葉もいいですね~maplemaple

来年はどこかな??
 
 

最近のトラックバック