フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2016年4月30日 (土)

登って来ました、雲取山

上京の1日、東京都最高峰、雲取山2017mに登って来ました。
前回と同じく、兄とハルさんと一緒です。
 
4月22日(金)
アクセスが悪く、バスではなかなか登山口まで行くのに時間がかかる為、
今回は、ハルさんより駅から登山口まで乗せてってもらうことが出来、日帰りで
登頂することが出来ました。
天気もコロコロ変わり、雨では登らない(当然)ってことで、心配していたのですが、
何故か晴れから曇りと、まずますの登山日和となりました。ヤッタネ!

小袖登山口
駐車場より兄は、先に行ってしまいました。
大丈夫?飛ばし過ぎdash追っかけますが、見えなくなりました。
Dsc04905
右側急斜面の林道をひたすら歩き(登り)ます。
高度はあまり上がってないような??

やはり兄は、最初の早歩きですぐに疲れて休憩。
え~もう休憩??頂上まで大丈夫かな??
Dsc04906
正面に見えるは頂上??
二回目?休憩、兄は、疲れ切ってきます。
それでも休憩すると、なんとか、登れるようになってくれました。
おっと、あの赤いウエア、今日はハルさんは真っ赤のウエアを来てきましたよ。
でも暑いので半袖です。
Dsc04907
登って行くと、途中、左手に富士山が見えました。
やった~やはり富士山見たいですねfujiこの辺までは青空が広がっています。
登りは、全て巻き道で登りました。
Dsc04912
いやに広い登山道、車が走れそうです。
目指す頂上の方には、雲がかかってきています。
予報では3時過ぎ位より小雨です。
急がないとです。
Dsc04914
あれれ、私いつのまにか一番後ろ??
Dsc04916
雲取山、名物ダンシングツリーです。
Dsc04919
とにかく、ジワジワとゆるゆるの登りが続きます。
行く方向には、雲がどんどん押し寄せて来ています。
Dsc04920
ヘリポート
Dsc04921
奥多摩小屋まで来ました。
Dsc04924
もう少し、頑張れ~!
Dsc04926
頂上、避難小屋が見えてきました。
ガスガスです。
Dsc04928
頂上は寒い11度です。
Dsc04929
全く視界はありません(>_<)またしてもガスです。
埼玉、標柱
Dsc04930
東京都、標柱
Dsc04931_2
記念の一枚
Dsc04942
寒いので避難小屋で昼を食べ、早々に下山です。
七ツ石山から小雲取山へは展望がいいと聞いていたので、
やはり七ツ石山へ行ってみたく、私とハルさんは七ツ石山へ、兄は巻き道で下山ということで、待ち合わせ場所を決めて別れました。
この七ツ石山への登り返しがキツイ~、巻き道で行けばよかったと後悔。
頂上はガスガスで展望もなし、大きな石が7個ありました。
でも行ってみないとわからない事なので、これはこれで良しとします。
兄と待ち合わせ場所を決めたのですが、思い違い、同じような標識があり
待てど来ません、心配です。電波は通じません。じっと待つしかありませんね。
(わかりやすい橋があったので、そこにしておけばよかったのですが、
まさか迷うことはないと思っていたのでした)
☆山では、絶対、別行動はやっては行けません)
七ツ石山1757m
Dsc04937
Dsc04939
どうにかこうにか、兄とも合流できホッとしました。
その後は、ひたすら下山です。
下山途中、鹿のお出迎え、猿もいました。
Dsc04941
下山は、兄は登りと違って元気で、ほぼノンストップでした。
休憩は??っていうと休まなくてもいいだろうって…言ったような。
随分違いますね。登りも長かったですが、下山も長い長い距離でした。
駐車場に着くころに、ポツリポツリ。
朝方まで雨、登っている間だけ、晴れから曇りとまずまずの登山日和??
まさにラッキ-でした。

前回、塔ノ岳を登った時に、次は雲取山かな??
でも前泊しないとバスの便が悪く、とても日帰りできそうもありません。
鴨沢のバス停からでは1時間以上もプラスになります。
今回、ハルさんにはいろいろ協力をしてもらい、ご迷惑をおかけ致しましたが、
お蔭さまで、兄共々登頂出来てとても満足、感謝しています。
懲りずに機会があったら、又登って下さいね。
 

最近のトラックバック