フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2017年11月18日 (土)

赤城(荒山~鍋割山)

赤城の荒山、鍋割山へ行って来ました。
今回は、黒檜山~駒ケ岳へ行ったことがあったので、
荒山~鍋割山の周回としました。
 
ここはアクセスもよく、早朝出発rvcarしなくても行けます。
最近は、2時や3時出発が多く、早寝、早起き眠かったです。
滅多に山にと・・言わないおとうが山に行こうって・・
開聞岳登らなかったのが心残りなのかも(>_<)
 
姫百合駐車場に車を停めて出発です。
登山口周辺は紅葉が終盤でしたが、綺麗でした。
Img_2329
階段を登ります。
Img_2331
鍋割山方面の山が見えてきます。
Img_2335_2
落葉したスカスカの木々
歩きやすい登山道です。
Img_2338
なだらかな道をゆっくり展望広場に向かいます。
Img_2339
荒山頂上手前に少し岩場がありましたが、
歩きやすい道だったので、気持ちよく歩けました。
Img_2341
駒ケ岳方面
Img_2344
避難小屋方面に行きます。
Img_2343
ひさし岩 展望場
Img_2345
荒山南避難小屋
Img_2347
笹原の道が続きます。
Img_2348
棚上十字路(避難小屋)
Img_2350
荒山高原 ぐる~っと荒山を周回してきました。
Img_2354
鍋割山に向かいます。
Img_2356
振り返り荒山方面
Img_2358
なだらかな稜線歩きです。
Img_2359
火起山・・ここが頂上かと思いましたがあと1km先
一番左・・鈴ヶ岳
Img_2363
三角錐の山々
Img_2360
あれが鍋割山頂上かな?
Img_2366
頂上到着!
Img_2368
箱型標柱
暑くもなく寒くもなく、青空の元、ここで昼としました。
Img_2377
荒山・地蔵岳~鈴が岳
Img_2383
なだらかな笹原の稜線・絶景です!
Img_2382
紅葉霞んでますが、綺麗でした。
Img_2384
下山後、まだ行ったことない
覚満淵へ、湖面に写る山々が綺麗です。
一周歩いて見ました。
Img_2394
周辺の草紅葉が見頃でしたsunmaple
Img_2395
天気もよく、難所もなくゆっくりと山歩きが出来ました。
これからは、県外に行かないと、なかなか青空が望めなくなります。
冬の間も、こんな青空がほしいです~!
 
今回、何故赤城山になったかというと・・・
弥彦の菊祭りが始まり、今年の庭園が赤城山だったからです。
 
Img_2327
毎度のことながら見事です。
高齢化の為、年々、菊作りをされる方が減っているそうです。
苦労あってのこの素晴らしい豪華な菊は圧巻です。
Dsc_0043
 
機会がありましたら、見に来て下さいね~、弥彦山セットでhappy01

2016年6月19日 (日)

楽しい時間.・・・赤城山で

赤城山登山、
6月5日(日曜)
今回はブログ友のハルさん、らるごさんと、赤城山へレッツゴ-dash

ゆるゆるとお喋りしながら、山ごはんを楽しもうということになり、
各地より赤城山へ集合。
おのこ駐車場8時30分、ナビでは3時間だったので、3時間+αで早めに家を出発dash
途中、目がシュパシュパ、パーキングにより、cafeを飲みました。
ハルさんより連絡あり、東京方面は雨だとか。こちらは全然雨の心配はありません。
雨では登らないって言ってる方なので、もしや出発してないのでは?と少し心配。
どれだけスピード出してきたのか、2時間で到着、時計が間違っているのではと何度も
確認しましたが、間違いなし。だいぶ早いので、仮眠して待つことにしました。
外は、少し寒い位、清々しいです。
まもなく、ハルさん到着。リュックの重さを比べてみれば、かなり重くどんだけ入れてきたのでしょう?水かな、歩荷宜しくお願いします。
今時点では、駐車場はまだ余裕、少しすると次から次へ来ます。らるごさんが停める場所がなくなりそうです。そこは行いがいいのでしょう。一台空いてすんなり駐車できました。
らるごさんとは、初対面でも、ココログでお喋りしているので、初対面という感じはしません。
全員そろったので、登山口へ
この日は、ゆるゆる登山&山めしを楽しむということになっています。
(最初、男体山でしたが、登るので精一杯で楽しむまで行かないのではと、赤城山に変更)
変更して貰ってよかったです。
 
黒檜山→駒ケ岳ルート
黒檜山 青空です.。雨の心配はありません。
Dsc05215
おのこ駐車場より、黒檜山登山口へ
Dsc05216_2
オレンジのつつじがお出迎え…4月に来た時とまったく爽やか緑が綺麗ですclover
Dsc05217
岩ゴロゴロの登山道
Dsc05219
大沼、赤城神社、地蔵岳がよく見えますshine
Dsc05221
ハルさんと、らるごさん ゆるゆるとお喋りしながら登っています。
Dsc052241
こんなかわいい花も咲いていました。
Dsc05232
初めて見る、シロヤシオ.・・白い花と緑が爽やか綺麗ですclover
Dsc05235
もうすぐ頂上です。
Dsc05239
頂上
この日、観光バス、数台、超賑わっていました。
またしても展望なし、ガスガスです。
Dsc052411_2
3人で記念の写真camera みんなよく撮れていましたよ。
Dsc052441
この花はなんでしょう?白い桜のような花です。
Dsc05247
展望台にて…雲がどんん押し寄せてきていますcloudcloud
Dsc05249
駒ケ岳へ向かいます。黒檜大神
Dsc05252
駒ケ岳への道、あちこちにピンクのツツジが咲いていて
気持ちいいです~♬
Dsc05257
レンゲツツジが満開です。色が鮮やか~!
Dsc05258
お二人さん、お喋りに夢中です。
Dsc05262
駒ケ岳、到着、またまたガスガスで展望なしです(T_T)
今日は展望なくても楽しいですheart04
この標柱の奥でお昼とします。さてさて今日のランチは(^.^)/~~~
Dsc05264
準備中です。おっと~です。ジンギスカンcapricornus
Dsc05266
フライパン登場、らるごさんビックリですw(゚o゚)w
Dsc05267
出来ました~cherry
ジンギスカン、冷やしうどん、野菜サラダ、フルーツ、テラミスケーキもあり。
凄い、凄い~、豪華メニュー!?
ハルさん担当、冷やしうどん、ノド越しよく美味しい、暑い時には最高shine
私は、あっさり、野菜サラダとフルーツ。肉系もほしかったので、ジンギスカン。
らるごさん、ティラミスケーキcake
いつもの貧食な山ごはんとは大違い  満腹sweat01
リュックに食材他入れてきたのですが、来るときは綺麗に入ったのですが、
終わって、入れ直すと入らない。荷物が増えてる~
ゴミが入らないdashハルさん、ゴミ持って帰りますよ~
嬉しいお言葉、遠慮なくお願いします<m(__)m>
Dsc05268
お腹も満たされ、下山とします。
駒ケ岳より見る、大沼
Dsc05269
鉄の階段 慎重に降ります。
Dsc05270
 
Dsc05271
駒ケ岳登山口、到着
Dsc052751
時間もまだ早かったので、レンゲツツジが群生している白樺牧場へ
すごい綺麗です~!圧巻ですshineshine
Dsc05276
楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいます。
皆、遠路から来ているので早めに解散となりました。ハルさんとは、3回目、らるごさんは初めて、ブログでお会いしていても、実際会ってみると、新鮮でいいですね♬
私も、山姥バレバレ(汗、汗)
本当、楽しい一日でした。
お付き合い頂きましてありがとうございました。
いい思い出が出来ましたsign03
また機会がありましたら、ゆるゆる登山とランチで楽しみましょうsign03

暫く、留守にしていてUP遅くなりすみませんでした!

2016年4月14日 (木)

ガスガスのリベンジ

去年12月に赤城山に行ったのですが、登山口よりガスガスで撤退。
(行先変更して、世界遺産の富岡製糸場へ行きました。)

雪もだいぶ解けて登れるようになったので、リベンジ赤城山へ行ってきました。
奈良の旅行があるとわかれば行ってなかったです(>_<)
4月1日(金)
一番人気の、黒檜山1827m~駒ケ岳のルートです。
冬ごもりしていた、T隊長もようやく、その気になってくれたのはいいのですが、
登れるのか心配sweat01

デジカメ忘れ携帯写真です、最近忘れ物多いな~

おのこ駐車場に車を停めて赤城神社、大沼を眺めながら黒檜山登山口まで歩きます。

大沼、まだ凍っていますが、だいぶ緩んでます
(寒い為、洗面所の水出しっぱなし、もったいないと思いつつも、凍るよりはいいですね)
812_2

登山口、雪はありません。
801

岩々の登山道
802
途中、追いついて来られたオジサンと、雑談。
なんと3日前に角田山に登って来て、花が綺麗でよかったと…
人気の角田山の話で盛り上がり。やはり角田山の人気は凄いですねup
次は、二王子に行きたいとか?!
この方のザックが異様にデカイのが気になっていました。

登るにつれ残雪が少し。
T隊長は、ヘバッっています。6数字が6合目だと思いかなりやばい感じ。
実はすぐそこが頂上。
803

黒檜山、頂上 天気はよかったのですが、頂上ガスで視界なし。
(ガスでは天気いいとは言いませんね)

先ほどのオジサンがいられて、山ランチを充実してられました。
手作り風除け、バーナー台、椅子、その他、大きいザックの中身はこれだったんですね。
こちらは簡単コンビニ昼食noodlericeball
赤城山の事を色々聞いて駒ケ岳へ向かいました。
804
駒ケ岳へ向かうとすぐに御黒檜大神
8o5
駒ケ岳へは残雪ありで、グチャグチャでした。靴が汚れてしまうと、どうでもよくなって
しまいます(T_T)
長靴にすればよかった~shoe
806
そんなに登りもなく、駒ケ岳へ到着。何も見えません(>_<)
807
大沼への分岐
808
809
雪があったら怖い鉄の階段、慎重に降ります。
810
無事、駒ケ岳登山口に到着!
811
赤城山、まだ花はありませんでしたが、ここはレンゲツツジが綺麗に咲く山です。
花の時期に訪れてみるのもいいですね。
天くらAで0%といい天気のはずだったのに、
またしてもガスの頂上、展望が望めるのに見れないのは残念down
少しクラウディかな?!

最近のトラックバック