フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2017年12月19日 (火)

青空求めて~小野子山・子持山

毎日、鉛色の空、雨や雪ばかりで、青空の山に行きたくなりトンネル抜けて
小野子山・子持山に行って来ました。
トンネルまでは、雪がちらつく天気、抜けると☀天気違いすぎ~(>_<)
 
12月2日
雨乞山~十二ヶ岳(ピストン)
小野子道の駅を過ぎて林道に入り登山口へ
20台ほどの駐車場がありました。
林道より少し歩くと登山口です。
階段のスタート、暫く階段は続きます!
熊注意thunderが気になります。
120301
落葉した木々の間からこれから行く、雨乞山、小野子山が見えます。
Img_2456
ふかふかの道、それなりに急登です。
Img_2457_2
50分ほどで雨乞山(931m)に・・小野子山に向かいます!
Img_2458
小野子山へは一旦下って登り返します。
Img_2459
十二ヶ岳?の岩壁が見えて来ます。
あの岩壁登るの??少し怖くなって来ます。
Img_2461
遠くに冠雪した浅間山が見えて来ます。
こちらから見ると、プリン型ではなく、箱型なんですね。
Img_2462
笹原の道
青空が眩しいです。
Img_2463
雨乞山から50分ほどで、小野子山(1208M)頂上到着
少し休憩して中ノ岳に向かいます
Img_2466
赤城山が綺麗に見えます。
左から黒檜山・地蔵岳・荒山・鍋割山
Img_2468

中ノ岳までは、またまた激下り、もったいない位、降ります。

帰りを考えると、下りたくない~(>_<)

Img_2487
 
へろへろになって下を見て歩いていたら、
同行者”ホラッdashthunderthunder顔を上げてみると目の前に”熊thunder
登山道の真ん中にアブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!(@_@)
よく見たらカモシカでした。
もう(@_@)、熊じゃなくて良かったです。
カモシカってどうすればいいの??
こっち見てたので、暫くにらめっこeye
動く気配がありません。ただひたすら動くのを待ちます。
左の藪の中で、何か探して食事、早く動いて~!!
Img_2471
どうにかカモシカが動いてくれたので、静かに静かにその場を立ち去りました。
中ノ岳頂上((1180m)
奥が十二ヶ岳・・また激下りして登り返しになります(T_T)
Img_2472
激下り
Img_2474
男坂、女坂分岐
男坂で登ります。
Img_2475
木やロープ、岩につかまり激登りです。
Img_2476
十二ヶ岳頂上到着・・360度の大展望です。
Img_2478
 
 
谷川連峰方面
Img_2479_2
浅間山方面
Img_2488
 
十二ヶ岳で景色を堪能してピストンで戻ります。
(昼は小野子山)
時間が早かったら、子持山に行こうと考えていたので、急いで下山run
登り返しのキツイことdownwardrightupwardrightdownwardrightupwardrightdownwardrightupwardrightdownwardright登り返して登山口へ
 
子持山に何とか行けそうってことで、群馬天文台登山口へ車で移動
 
子持山登山道入口
Img_2489
林道を50分ほど歩いて、やっと子持山登山口
林道歩きが長かった~!
Img_2490
なだらかな道ですが、足が前に出ません(>_<)
Img_2491
山頂まであと少し。
Img_2492
子持山頂上到着。
Img_2493
十二山神
Img_2494
 
雨乞山、小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳、子持山まで登頂出来ました。
今年最後の県外遠征、
青空の群馬の山をたっぷり歩いた一日でした(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

2013年7月23日 (火)

出直し…榛名山

まだまだ梅雨空なので晴れてる所へと、同じ3時間の榛名山へと行きました。
5時に出発、8時登山開始、まるで同じです。
先回、途中で引き帰したのでまたもや同じ事にならないかと心配しましたが、
大丈夫でした。

                 榛名湖手前、音楽が流れるメロディーnote道路です。

Dsc09168_640x480_2Dsc09169_640x480

榛名山(1390m)
榛名湖畔の近くです。
ビジターセンター1分位の所に登山口があります。

Dsc09170_640x480Dsc09172_640x480

登山道は整備されてると思ったら、自然のままの
笹薮の中を登ります。泥土の道、かなり急登な場所もあります。
見晴らしもよくありません。約40分で頂上です。
Dsc09173_640x480Dsc09174_640x480

頂上はロープウェーで上がってきた人と合流となります。
まだ早いので、誰も人がいません。ロープウェーも動いていません。
Dsc09176_640x480



頂上の視界はよく清々しく寒い位です。山1つでこうも天候が違うの
だから嫌になっちゃいますね。

Dsc09177_640x480Dsc09178_640x480

頂上をあとにして榛名山北東麓(ゆうすげ元湯)へと下山。
下山道もなかなか荒れています。この根っこを下りるのは
ちょっと至難の技です。
Dsc09186_640x480Dsc09184_640x480_2

下山後、、榛名山の隣の山、烏帽子岳へと登ります。この尖った山です。
ゆうすげ館を左にして道を行くと2~3分位で烏帽子岳登山口となります。
Dsc09195_640x480Dsc09187_640x480

ここもあまり人が登ってないのか登山道は今一です。
1363m頂上は笹薮で覆われていて、道もあるかないかわからない
ような笹の道をこざいて歩きました。頂上からは全く視界は良くなく
何も見えません。(後でわかりましたが、少し先にいくと見晴らしの
いい場所があったようです)不気味になって早々と下山しました。
Dsc09188_640x480Dsc09189_640x480

Dsc09182_640x480Dsc09191_640x480

下山後は、榛名湖畔で昼食11:30、その後、駐車場まで歩いて(約一周)
行きました。途中、湖畔の宿記念公園があったので立ち寄りました。
この公園は、昭和のヒット曲、高峰三枝子の「湖畔の宿」がモデルと
なっていることを記念して作られた公園です。
乙女の像もあります。
Dsc09198_480x640Dsc09197_640x480

切ない詩ですね。

Dsc09199_640x480_2



      今日、登った榛名山(右)と烏帽子岳(左)です。
      湖畔からみる景色は悠々として綺麗です。
      2つも登ったの?と思うかもですが、湖畔は標高1084m
      なので実際一山300m位です。合計600m位です。

Dsc09194_640x480

帰りは、名水で有名な谷川Pに寄り、水を汲みました。
容器を何個も持ってきて汲んでいる人が多く順番待ちです。
関越トンネル手前、向こうの天気は??やはり雨なのか??
Dsc09200_640x480Dsc09201_640x480

トンネル抜けると意外にも晴れていました。
梅雨明けも近いような?
久々の登山でしたが、なんとか登って帰ることが出来ました。
翌日は少し筋肉痛でした。
榛名山、もう少し登山客がいるのかと思いましたが、烏帽子岳下山
の登山口で1人すれ違っただけでした。なんで~
多いのも困るけど、一人もいないのも、??微妙です!

最近のトラックバック