フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2016年5月23日 (月)

東山…鋸尾根

市民から東山と呼ばれ親しまれている
鋸歯状の尾根のある長岡の[鋸山]764m
5月15日(日)
校友会、支部の春季登山 参加7名
行こうかどうしようか迷っていたけど、前日、参加表明
当初、花立登山口よりの予定でしたが、通行止め情報があり、距離の短い
大入峠登山口に変更しての登山です。会長は、前日下見。
(素人軍団なので引率兼ねて参加、今年は、色々な方と登ってるな~sweat01

この登山には、会長が留学生を連れてきます。(会とは関係ない二人)
今回は、ベトナム人2人、これがまた素直でいい学生でした。
日本語で会話できるので、私でもOKです。
おばさんは、ベトナムの事をいろいろ聞いて見ましたよ。
ベトナムには山はあるけど、登山道というのは無く
もしするとしたら、藪漕ぎになるらしい。その他…モロモロ。

大入峠登山口
Dsc05106
暑い日でしたが、頂上以外は木陰道clover、助かりました。
Dsc05109
なんとロープ、ロープの登山道ヾ(*゚A`)ノ
Dsc05113
ロープが終わると尾根道へ…緑の木々の中を歩くのはやっぱりいいな~cloverclover
Dsc05115
と、思いきや、またまた、根っことロープ・ロープ 鋸の歯の尾根は、ジグザグです。
Dsc05118
まだまだロープ
Dsc051191
尻尾のような…あんにんごの花
Dsc05121
休憩入れて1時間弱で頂上です。
Dsc05134
頂上で早めの昼食…暑い~sweat01
中央2人ベトナム学生
Dsc051291
なんとベトナムのコーヒー差入れ
ベトナムのコーヒーは世界2位とか!?
ミルクコーヒーで美味しかったです。
Dsc05126
長岡市街です。
Dsc05123
反対側 守門かな??
Dsc05151
鈴なりのイワカガミ
Dsc05114
イワカガミの群生
Dsc05116
チゴユリ
Dsc05112
登山口近くに咲いていた、水芭蕉 葉っぱが超デカ
こんなものかな??
Dsc05150
花立コースと大違い、ロープ、ロープのコース。
初めての人は、少し大変だったかもですが、森林浴の中、気持ちのいい登山となりました。
下山途中、一名、足をくじいてどうにかこうにか下山しました。
なんと、私が代わりにザックを担いでの下山、そう重くなかったので大丈夫でした。
皆、無事に下山出来てよかった~!

秋はどこの山かな??
 
 
 

2016年3月21日 (月)

干支の山へ

今年の干支は猿(申)
正月も過ぎれば、干支の猿も薄れて行きますが、
猿の付く山に登って見たいと思っていたら、お誘いがあり
登って来ました。
山古志にある猿倉岳 679m

雪は少ないですが、まだまだ雪山を楽しめました。
道なき道、藪漕ぎ、ショートカットとワイルドな山行でした。
ノートレースの雪道を歩きます。
Dsc04496

藪漕ぎ~!枝が引っかかる(T_T)
Dsc04500
雪山限定、ショートカット
Dsc04504
左、天空のブナ林*****ここをまっすぐ行くと頂上があります。
Dsc04509
ミニ雪庇の尾根正面が頂上
Dsc04515
広い頂上、雪に埋もれて山頂標識見当たらず。
猿倉岳679m標柱見たかった~sign03
Dsc04517
遠くの山の稜線、雪山が綺麗、ずっと見とれていたい景色でした。
Dsc04514
守門岳、頂上、真っ白。
Dsc04516
下山も藪漕ぎ~!ワカンしたり外したり、結構手間。
木につかまって、ズルズル~
Dsc04524
藪漕ぎして下山した山肌(>_<)
登る道、下山する道、GPSで確認しながら、右や左へ行ってみたり、
まるで探検でした。
踏み跡に付いて行ったら、そこで止まっていて、振り出しにもどり時間のロス。
天気もよかったので、下山は踏み跡を確認し、藪漕ぎで時間短縮してみたものの、
思ったより時間もかかり、皆ヘトヘト?!
ワイルドな山行でした。
※この後、爆弾発言?をしたものだから同行者ビックリ!
 少しイメージ変えたかな(笑)
16-13
 

2016年1月14日 (木)

雪はあるかな?

年末に降った雪もどんどん溶けてしまいました。
雨&曇りの毎日でしたが、ようやく雪国らしく雪が降ってきました。
降れば降ったで、雪は降らない方がいいと思い、降らなければ雪が恋しくな
ってしまう、どっちがいいの??…ほどほどにですね。

1月3日(日)正月、弥彦山、初登山の翌日、長岡の三の峠山へ。
(メンバー4名)
駐車場はほとんど雪はありません。

11
ここまでの道は、ドロドロ状態です。超でかい榎
12
長岡市街地、いい眺めです。
13
頂上に向かいます。(途中、友遊小屋あり)
雪は少ないですが、いい感じの雪道です。

15
1時間程で、三の峠山頂上
14
頂上より、観鋸台まで登ります。先頭、ワカン履いて練習です。
24
観鋸台 前方、長岡最高峰 鋸山です↓
雪景色が広がっています(*^^)v
16
観鋸台を後にして、小屋にて昼食のため下山。
途中、小屋のT中さんに会いました。
dramaどうぞ、小屋でゆっくりしていってください…暖かいお言葉!
モノトーンにウエアの色が映えます。
17
正月飾りもしてあり、立派な小屋です。お邪魔します~!
18
小屋では、ワインを頂いたり、お土産に超デカイ、ヒラタケを土産に
頂きました。(人''▽`)ありがとうございます☆
19

毎日、鉛色の空と雨、この日も気にならない程度の雨でした。
雪歩きは、サクサクと楽しいですね。
小屋があると、ぽかぽか温まってのランチ、バーナー出しておにぎりと
カップラーメンです。小屋では特別にMさんより、オカリナ演奏してもらい
一緒に一曲歌ってきました。メンバー二人子供世代、ナツメロはわからなくて
年を感じます(実際年なんですが)
里山の雪山スタートです。寒いと言ってられませんねshine
15-2

2015年6月27日 (土)

残雪と花畑…守門岳

どのコースから登ればいいのか…
遠くから見る景色は、いつまでも残雪があり手強そうでまだ未踏でした。
直登の保久礼(ほっきゅれ)コースを選択。
守門岳は、袴岳(守門岳)青雲岳、大岳の三連山が主峰の山です。
保久礼登山口→大岳1432m→青雲岳1457m→守門岳(袴岳)1538mのピストンです。

登山口まではかなり山道を走りました。
今にも壊れそうな案内板
Dsc03316_800x600_4

しばらく階段です。約30分位
Dsc03318_800x600_2
赤土の粘土質の滑りやすいガレ岩の登山道になります。
Dsc03320_800x600
ギンリョウソウ…白いのがいっぱい咲いてました。 
目玉オヤジみたいなんです。                                  
Dsc03323_800x600
巨大ナメクジにカタツムリ発見
ナメクジ気持ち悪い~
Dsc03324_800x600_3Dsc03333_800x600

イワカガミにヒメサユリ
Dsc03334_800x600Dsc03329_800x600

大岳1432m休憩 展望なし…ここから青雲岳へ向かって行くとすぐ…
Dsc03337_800x600

わ~すごい、守門岳(袴岳)への切り立った稜線の残雪の景色です。
少しガスッてますが雄大です。
Dsc03338_800x600
冷気が漂ってきます。
Dsc03340_800x600
目の前に残雪、遠くに雲海、モクモク!いい眺めです。
Dsc03351_800x600
大岳から青雲岳へ行く登山道100mほど急な道を下ります。
下りのあとは、アップダウンを繰り返し登って行きます。
Dsc03346_800x600
ふり返ると大岳です。青空が広がっています。
こちら側はまだ青空です。
Dsc03349_800x600
青雲岳1,457m 前方、守門岳(袴岳)です。
Dsc03353_800x600

守門岳頂上 1,538m 晴れてれば、360度展望よしです。
少し雲が出て来ました。
Dsc03357_800x600
頂上には4人のお方、どれがどの山…皆さん??
魚沼方面、遠くに雷の音が聞こえてきました。早々に下山。
茨城からのお方、姫サユリを見に来たとか…
姫サユリなら粟ヶ岳でいっぱい咲いてますよ~virgo

Dsc03359_800x600
大岳から守門岳の雪庇は東洋一と言われているそうです。
雪渓の脇の道、少し足ガクになります。バームクーヘンを切ったような雪渓
これが雪融け時の東洋一の雪庇?
Dsc03366_800x600
残雪の景色と、反対側の緑の登山道、結び使い無いような??
下山の登り返しはきつい~!
大岳から青雲岳の登山道はお花畑でした。
Dsc03367_800x600_2
ニッコウキスゲがいっぱい咲いてました。
Dsc03364_800x600Dsc03343_800x600

Dsc03348_800x600Dsc03342_800x600


守門岳頂上まで直登コース約3時間、暑いので、早朝登山開始、
視界もよかったのですが、下山頃はガスに覆われました。
晴れでも、山の天気は変わり易いです。早めに登って雪渓もみれて
いい登山だったのですが…
下山の粘土質の登山道、ガレ岩に悩まされました。
滑って転ぶこと数回。危ない~!
慎重にしているつもりでも危険はどこにでもあることを認識しました。
安心、安全な登山が第一ですね。

守門岳、200名山、初めてでしたが雄大な景色のいい山でした。

15-19









2014年5月15日 (木)

山はいい~カタクリ乱舞

5月晴れsunさわやかなとてもいい天気ですclover
どこか山に行きたければ、さほど知識のないvirgo
近場で行き先感がえて…
長岡、東山最高峰、鋸山(のこぎり山)764.9m
頂上付近、鋸のようにギザギザ!?市民の憩いの山として親しまれているようです。
さほど時間もかからない距離なので、行ってみよう~rvcar

登山口 ”熊注意” ここではないですが、最近熊が出没しているようです。
登山者も多いので、なんとか大丈夫!?

登山口8:50⇒10:00花立峠⇒頂上:10:30⇒11:00花立峠(簡単なランチ)
11:20⇒駐車場12:10
途中まで、何回も登ってられる方のガイド付きでした。
(昔は棚田であった。近くで山菜が採れるetc…)

Dsc00716_640x480
少し行くと、沢が流れ…橋を渡ります。
前を行くleo    足が重い、遅れてますvirgo

Dsc00721_640x480
曲がっている木が多い、雪のせい!?

Dsc00726_640x480
途中、かたくりの群生、まだカタクリ\(^o^)/
雪が融けたばかり…カタクリロードでした。

Dsc00735_640x480

Dsc00739_640x480_2
山、斜面には、まだ少し雪が残っています。
Dsc00774_640x480

地震により崩れ落ちた山肌。
Dsc00742_640x480
花立峠   ここで休憩 疲れた~
なんか足が重い ハアハアsweat01やっとここまで来ました。
少し休んで、体力回復shine

Dsc00745_640x480
花立峠を過ぎると、鋸の歯の尾根道へ…
Dsc00771_640x480
木の根や、横たわっている木々の上を歩きます。
ジャングルのようでした。
アップダウンの繰り返しの尾根道upwardrightdownwardright
先を行くleo まってくれ~

Dsc00747_640x480

Dsc00748_640x480_2

Dsc00755_640x480_2

この階段を登れば頂上??急に足早にrun

Dsc00758_640x480
眺めのいい頂上、日本海方面 ↓    

Dsc00764_640x480_2

Dsc00759_640x480

守門岳、浅草岳、綺麗な雪山。すっきりくっきりです。
いつか登りたい~ 
狭い頂上、日陰がないので、花立峠に戻って簡単ランチ。
                         あまりにもいい天気なのでcamerascissors

Dsc00760_640x480Dsc00769_640x480_2

この日見れた山野草 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
登山口近くに水芭蕉の群生、少し遅かったようですが、
なんとか、ひとつありました
        ↓

Dsc00777_640x480Dsc00723_640x480 

Dsc00732_640x480Dsc00737_640x480 

鋸の尾根伝いに、イワカガミの群生、ピンクがかわいいheart01

Dsc00749_640x480Dsc00753_640x480 

Dsc00775_640x480Dsc00727_640x480 

Dsc00778_640x480_2Dsc00717_640x480   

Dsc00743_640x480_2Dsc00772_480x640 
これ何?  ↓
Dsc00781_640x480
市街地よりほど近い鋸山。
こんなに山野草が見れるとは思っていませんでした。
なかなか面白い山で、また登りたい山の一つになりました。
山が変われば景色も違い、色々な山の表情があります。
今回は、体調不良だったのか、足が重く花立峠までやっとでした。
鋸の歯状態の尾根道は大丈夫!
まだまだ、体力不足を実感しました。

 

最近のトラックバック