フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2017年6月 1日 (木)

ヒメサユリ咲く・・

ヒメサユリが満開の高城城址373m

2年ぶりに山登りをするという友達を誘って行って来ました。
『ヒメサユリの小径』で知られている高城。
登山口より一時間ほどハイキングコ-スを歩き(登り)ます。
清楚華蓮なヒメサユリが咲くこの時期は、大勢の登山者さんで賑わっていました。
 
緑も濃くなって来ましたclover
整備されたヒメサユリロードです。可憐なヒメサユリが満開です。
花を見ながらゆっくり進みます。
Img_0740
ヒメサユリロード続きます。
Img_0733
群生しています。
Img_0730_2
少し登山道っぽい所もあります。
Img_0739
1時間ほどで、高城城址到着です。
この先に行けば、袴越山526mですが、今日はここまで。
Img_0736
ピンク清楚でかわいく咲いてますよ~!
Img_0729
少し薄めのピンク
Img_0734
高城城址からみる、東洋一の雪庇と言われる、守門岳 まだまだ残雪あります。
Img_0738
 
暑かったけど心地よい風も吹き、ゆるゆるとヒメサユリを見ながら
ユリの香りもして気持ちよく歩いて来ましたhappy01
 

2015年11月10日 (火)

下田の里山へ

雨で中止となったのですが…秋晴れとはいえない日
中止した山とは違う、下田の里山、番屋山933.2mと蕗山552.2mへ
遅めの登山開始
11月3日(火)

番屋山、新築になった吉ヶ平山荘(前は小学校跡)に向かいすぐ入った所に登山口が
あります。下田は、知られてないかもですが、黄葉がすごく綺麗です。
見事な黄葉です。
Dsc04159_800x600
石碑、左は番屋山、右は八十里越へ
Dsc04160_800x600
何処を見ても、黄葉、黄葉でした。
Dsc04161_800x600
雨生ヶ池の脇を通り登っていきます。
Dsc04162_800x600
天然なめこ発見、かわいいですね!
Dsc04166_800x600

Dsc04168_800x600
上に行くにつれ紅葉は終っています。落葉した木もいい感じです。
濡れ落ち葉が滑ります。
Dsc04163_800x600_2
見下ろせば、雨あがのりいい景色が眼下に広がっています。
大谷ダムが見えます。
Dsc04164_800x600
番屋山、頂上933.2m意外と標高があります。
Photo_2
番屋山、全景です。
Dsc04178_800x600

下山して山荘より、守門岳への道を少し散策。
秋の里山の風景にため息!
Dsc04182_800x600
山荘で遅めの昼食を食べ、『蕗山ふきやま』へ
Dsc04179_800x600
蕗山の登山口がわからず、電波塔目指して藪漕ぎすることになることに。
生い茂った草の中、藪になった木の中…少し泣きそう!
Dsc04183_800x600
何が何だか、いつまで藪漕ぎ~こんなはずでは??
Dsc04184_800x600
やっと、電波塔に…蕗山への標識。藪漕ぎは疲れました!
Dsc04186_800x600
登るにつれ、いい景色が見れました。
Dsc04188_800x600
低山とはいえ、難所のロープ、ほぼ垂直。
中間地点で、落ち葉や土がドロドロで足の置き場が定まらなくて、
宙づりになりました。いや~始めての経験ですcoldsweats02
11031_800x600
頂上手前にもロープ、ここは何とかクリア。
Dsc04191_800x600
蕗山頂上、標柱、崩壊しています。
Dsc04194_800x600
時間も4時を過ぎてきたので、早々に下山。
日没前の弥彦、角田山が綺麗に見えました。
Dsc04196_800x600
下山道を通り登山口へ…登山口標識がありました。
藪漕ぎした場所より100m位の所でした。
登山口から登っても、電波塔までは結構、急登でロープが
所どころあります。
Dsc04197_800x600

『番屋山』と『蕗山』と2座の里山巡り。

難所は大変ですが、クリアすればそれも楽しかったことになるのかな?!
帰宅したら、足のところどころ、藪漕ぎの時の傷が。
『蕗山』初めて聞く山でしたが、低山でしたがなかなか面白い山でした。

15-35・36

.

2014年11月13日 (木)

紅葉の穴場…

立冬も過ぎ、朝晩かなり寒くなりました。
今日は、雨風の一日、寒い~  雪snowも近いですね。

これからはお天気がsun貴重の日となってきます。
紅葉も終盤を迎えていますが、
貴重なsun下田の高城373m~袴越山526m
里山の紅葉mapleまだまだ見ごろ楽しんで来ました。

熊出没が気がかりでしたthunder

Dsc01876_640x480

雨上がり、落ち葉がすべり歩きにくい。

Dsc01877_640x480

一本道、紅葉が綺麗でビックリでしたmaple
Dsc01879_640x480

Dsc01880_640x480

5月~のヒメサユリロード、紅葉ロードになっています。
Dsc01881_640x480

Dsc01884_640x480

綺麗です、紅葉、黄葉~~
Dsc01886_640x480
こんなに紅葉楽しめると思ってなかったので
うっとり、ため息が出ました~\(^o^)/
Dsc01889_640x480

Dsc01891_640x480


Dsc01892_640x480
高城、避難小屋373m 駐車場より約1時間
なだらかな登山道です。

Dsc01895_640x480

今日は、袴腰山へ行きま~すupwardright
結構、急登あり!

Dsc01897_640x480

見事な紅葉maple 低山ながらも見晴らし抜群!

Dsc01898_640x480

ツルリンドウの実?、赤くかわいい!
水滴が…涙が流れてるようでした。
Dsc01894_640x480



やっと400m 意外と距離があります。
Dsc01899_640x480

袴腰銀座、一番いい場所??
Dsc01900_640x480

これから行く、袴腰山です。まだまだ…
Dsc01901_640x480

500mもうすぐ頂上、頂上付近急登、下山が心配
紅葉もすかすか木の上の方しかありません。
Dsc01906_640x480

頂上到着526m 2時間弱 鐘があります!

思い切りカ~ンbellbell 鳴らして…独占かと思いきや、
一人、八木鼻からのノボラ-さん到着。
Dsc01907_640x480

ド~ンと粟ヶ岳 雄大、どっしりしています。
物思いに耽って、嫌な事忘れて~
簡単ランチしてまもなく下山
Dsc01908_640x480

見た目より激下り 落ち葉に足がすべります。

Dsc01914_640x480

今、登ってきた袴越山、よくみると
頂上の鐘が見えましたbell

Dsc01916_640x480

あっちもこっちも見事な紅葉です!
Dsc01919_640x480

またまた激下り、落ち葉が邪魔をします。
Dsc01920_640x480

Dsc01924_640x480

何段重ね?落ち葉の絨毯歩きやすいと言えば
歩きやすい、乾いていればいいけど、濡れ落ち葉に
何度、足が滑ったことか…
☆落ち葉乾いていても、地面が濡れていると余計に滑ります。
登山口近く~滑る滑る
おっとと~と、よろけてスッテン。危ないdash
Dsc01902_640x480

紅葉、考えないで袴越山に来ましたが、天気もよく
里山の紅葉に、ため息が出ましたmaplemaple

雪山も、穴場でしたが、紅葉も穴場でした。



2014年3月 6日 (木)

雪山ハイクの穴場・高城

3月、晴れれば春ですが、まだまだ寒く、今日も雪が降っています。
春が待ちどうしいと言いながら、雪を求めて出かけるのだからなんとも
不思議なことかもです。

地元新聞に、雪山ハイキングの穴場sweat01
一本の踏み跡,続くshoeshoe……気になる記事
この前、プチドライブに行った八木鼻のすぐ近く、高城(372m)

6月のヒメサユリが咲く時期は、優しい花が、
登山道を楽しませてくれます。
ヒメサユリの咲くなだらかな小径を登っていく山です。
今年は雪が少ないので、ハイキングができる??と思って
行って来ました。
雨になりそうなcloud曇り…急げ~!
行く途中の高城の手前、五十嵐川に、白鳥が飛来していました。

Dsc00282_640x480 Dsc00283_640x480_2

駐車場10:10⇒登山口10:25⇒頂上11:25 下山11:40⇒駐車場12:20

案内板確認!             駐車場、今風のトイレ…新しくなっています。

Dsc00286_640x480Dsc00285_640x480

駐車場から右に行こうか左に行こうか迷って右の雪で埋まった自動車道を
ズボズボと登山口まで行きました。(左は、長禅寺の脇を登ります)

Dsc00287_640x480_3Dsc00288_640x480_2

登山道入口…ヒメサユリの小径…一本の道を登って行きます。
thunder熊出没 危険thunder

Dsc00289_640x480 Dsc00290_640x480

6月は、優しいヒメサユリの花が咲いています。

Dsc00291_640x480Dsc00292_640x480_2

なだらかな歩きやすい登山道??花を保護する為、柵のある道を歩きます。

Dsc00293_640x480Dsc00294_640x480

下田方面 ↓

Dsc00295_640x480Dsc00297_640x480

登山口より約1時間、避難小屋が見えて来ました。
小屋は暖房がなく陰気くさい感じ、…
ここで、パンとコーヒーでランチタイム。少ししたら、一人の登山者さんが
来られましたが、避難小屋には入らず、袴越山を眺めてられました。
どうしようか??登ろうか??
  ↓ ここを登った所に避難小屋があります。

Dsc00303_640x480Dsc00307_640x480

Dsc00308_640x480Dsc00309_640x480

頂上より、袴越山を見ていると、だんだん雲行きが怪しくなってきました。
今度来た時に、(いつになるかわかりませんが)あそこまで登ろう。

Dsc00300_640x480
下山、この細~い尾根、…ここで落ちたらなんて、……を思い出し…
慎重に足元みて歩きました。登る時と違って、ズボズボと長靴が雪の中に
(体重のせい??)、
意外と体力消耗しているような。

Dsc00311_640x480Dsc00312_640x480

Dsc00314_480x640_2_2頂上は1m位の積雪、いつもよりは少ない
のでしょう!踏み跡がある為、
歩きやすく片道1時間位のハイクが出来
ました。
駐車場に着く頃、雨rainが降って来ました。
よかった~なんと運のいい事。

雪山の高城、まだまだしばらくは歩けそう
です。
袴越山にも行ければよかったのですが…
登山者も少なく…”穴場”
いい雪山ハイクでしたshine

最近のトラックバック