フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2018年4月19日 (木)

西会津の里山・・鳥屋山

鳥屋山へ
某社の山旅ツアーでこの山を知り、カタクリの群生が素晴らしいと
紹介されていました。
 
山開き頃4/22が見頃と言う事でしたが、今年は開花が早いようなので
もしかしたら、咲いているのかな??って思い、行って見ることにしました。
西会津は49号線も道がよくなり、意外と近く下道でも十分行けます。
 
漆窪集会所に駐車して、ここまで15分位歩きました。
ここにも何台か駐車できますが、集会所に停めた方がよさそうです。
Img_3203暫く農道を歩きます。Img_3204陽当たりのいい所で、カタクリ咲いていました。Img_3205カタクリ群生地  蕾が多く、あと一週間後位が見頃のようです。Img_3208林道を横切り登山道へImg_3209階段の脇には、カタクリ咲いていました。Img_3211暫く階段は続きます。Img_3212ギブシImg_3213階段を登り切ると、第一見晴らし台です。Img_3215 白が清楚、タムシバが咲いていました。Img_3216途中、展望のいい場所より、飯豊山Img_3217こちらは、磐梯山方面?Img_3218またまた階段 残雪は所々でありました。
Img_3220第二展望所  太夫岳 石の祠がありました。
Img_3221弘法清水分岐    清水には行かないで頂上へ行きます。Img_3223頂上手前 この看板は何の意味?Img_3225鳥屋山頂上 580m  
看板左下に、当日の日付。地元の人が毎日、登って来て日付変更
しているようです。毎日??だったら凄い!(^^)!
Img_3226270度の展望です。
里山にしては見晴らしいいです。
山座同定わかりやすい。
Img_3228Img_3227Img_3229 少し下山して見る、鳥屋山Img_3232ピンクのイチゲに足が止まります。Img_3239道も整備されて歩きやすい登山道でした。
登山口で地元のお父さんに、山開き頃がカタクリの見頃だろうから、
又来な~って言われました。
やはり花は,見頃が良いですね。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
帰路,大蔵山登山口近くにある、水芭蕉公園へ、終盤とはわかっていましたが、
行ってみることにしました。
21000㎡にびっしりと水芭蕉です。
Img_3244木道があるので、奥まで行けます。
葉が巨大化していました(>_<)それにしても凄い水芭蕉です!
一面の緑が新鮮です。
Img_3245Img_3242
 
カタクリは早め、水芭蕉は遅め(>_<)
やはり見頃に行くのがいいですね~(;^_^A

2018年3月19日 (月)

箕輪山(安達太良連峰)

箕輪山(1728m)に行って来ました。
ここのモンスターが良いらしく、行ってみたいという山友さんに連れられて?
安達太良連峰の最高峰とも知らず、雪山楽しんで来ました。
 
雪山は天気予報見て、晴れマークsun確認して行きます。
 
箕輪山登山口
リフトと並行して樹林帯を登ります。
雪が固いので、アイゼン装着します。
Img_2971霧氷がキラキラshineshineImg_2973リフト終点より 磐梯山が綺麗です。
Img_2975 箕輪山に向かいます。右奥が箕輪山です。ほぼ直登です。Img_2974ここのモンスター規模は小さいが綺麗との事でしたが、
もう融けてクリスマスツリーでしたxmasxmas北欧のような景色に溜息です。
Img_2979木々の枝は、プチ海老の尻尾
何処を歩いてもいいのですが、木のそばには行かないように登ります。
Img_2986真っ白な木、青空に映えます。Img_2981海老の尻尾 ポッキーの白チョコかけみたいで、ポキンと折って食べたくなります。Img_2987
いい景色です!
Img_2989振り返って、透き通るような山々、青空、白い木々、堪りません!
2970
吾妻山、右奥に、吾妻小富士が見えます。Img_2991箕輪山頂上・岩々です。風はないけど、寒いです。Img_2995頂上標柱?何が書いてあるのか、バリバリの雪が付いていて取れません(>_<)
冷え冷えのバリバリです。
Img_2997安達太良山(乳首山)、鉄山小屋見えます。
もう少し速く登れれば鉄山まで行けたかもですが、登り返しもきつそう、
雲も出て来たので、箕輪山までとします。ここまででも、十分景色を堪能出来ました。
Img_2998蔵王連峰も見えます。Img_3000磐梯山、ここからの磐梯山も凛々しくかっこいいです!
Img_2982
お昼にモグモグタイムの苺
Img_3002ピストンで下山します。
時間があったので、帰りに猪苗代湖へ  
白鳥はもう帰ってしまったのかいません。
この辺は寒いのか、田んぼの雪はまだ融けず真っ白でした。
猪苗代湖の周りは山ばかり、見える山は川桁山、
車窓から見えた時、気になる山となりました。
Img_3006  
思いがけず、またもや福島へ
去年は長い北陸道を走っていたので、磐越道の福島は近い感じがします。
今年は雪山に嵌りすぎていますsnow
 

2018年3月 6日 (火)

イエローフォール~磐梯山②

イエロ-フォールより磐梯山に向かいます。
 
急斜面を登ります。尾根までが長い(>_<)
登りの画像がなく下山の時のです。
Img_2906 シュカブラ綺麗ですshineImg_2868岩々の櫛が峰・中々の男前です。
Img_2870_2斜面登り  絶景ですfuji2801 稜線に出ました。
磐梯山、真っ白、うっとりする位の雪山です。
あの頂上までの細く見える尾根大丈夫?行けるの?どうする?・・行けるとこまで!
そう言えば、まだ昼を食べてません。軽くモグモグタイム、苺🍓とパンを食べます!
Img_2871櫛が峰に吾妻山、 それにしても真っ青・磐梯ブルーなんて言葉はあるかないかわかりませんが、磐梯ブルーと言わせて下さい!
Img_2873雪の磐梯山、かっこよすぎです~!Img_2875キラキラしてますshineshineImg_2882シュカブラこんなの見れると思ってなかっただけに美しすぎです!Img_2885Img_2905弘法清水からの磐梯山・頂上まであと少しです。Img_2889バリバリ・モコモコのモンスターも美しすぎですshineshine
Img_2892_2Img_2893Img_2897頂上到着・・やはり来てしまいました!
これ、標柱?祠?ケルン?のモンスター
Img_2902桧原湖
Img_2899猪苗代湖Img_2900
天気に恵まれ、磐梯山に登れて大満足(^O^)/
冬山のモンスター、シュカブラ写真でしか見ることが出来ない景色を堪能できて
来てよかった~!
イエローフォールはおまけだったかも
下山は、急登をヒップそりで降りて来ました。
リフト券に下山後のコーヒー券が付いていたのですが、終了時間を過ぎてしまって
飲めないかと思いましたが、何とか温かいコーヒーcafeとグチャグチャになったケーキcakeを食べて帰りましたsweat01
(イエローフォールだけなら、時間もたっぷりあろうかと、ザックに山メシの材料と、ケーキを
入れていったのですが食べる時間もなく、下山で転んだり、滑ったりしたので、
ケーキはグチャグチャになってしまいました)

2018年3月 5日 (月)

イエロ-フォ-ル~磐梯山①

去年から行ってみたかったイエローフォール
雲竜渓谷のような迫力はないかもだけど、何か惹かれるのがありました。
今年は寒いせいか見応えがあるとの事、これは行かねばと、大寒波もあり
雪が落ち着いてから行ってみることにしました。
 
そう言えば、裏磐梯スキー場から磐梯山ルートがありましたね。
もしかしたら・・・この天気・・行ける??なんて思ってみましたが、
そこまでの装備持って来てない(>_<)
でも行けるなら、行ってみたい、行けるとこまで??
どこまで行けるのか・・
 
磐梯スキー場よりリフトを乗り継ぎます。
右リフト 中央奥に真っ白な磐梯山・・遠くに感じます。
なだらかなスキー場のゲレンデです。
青空広がる、いい天気です~sun
Img_2849スキ-場から見る磐梯山は初めてです。雪の磐梯山は凛々しくもあり険しそうです。
Img_2850振り返って,西吾妻屋山方面 リボン形状のスキー場が見えます。
Img_2852銅沼(あかぬま) 沼の上を歩いているようですが、どうも山道としか思えません。
Img_2853今年は大勢の人が来てられるようで、トレースしっかりあります。
Img_2854右に噴気孔があります。
最近、噴火が多いけど大丈夫??突然になんてことにならなければいいですが・・
Img_2856
イエローフォール 雪に覆われて迫力に欠けています。
Img_2862隣には、普通?氷瀑がありました。
Img_2866イエローフォールより磐梯山方面 青空と雪が眩しいです。
(里山とは全く違う景色)
Img_2861ここまでは、急登もなくトレースあるなだらかな道を歩いて来ました。
磐梯山頂上まで往復6時間との事、やはり天気もいいし行ってみたい(*^^)v
帰りの時間を決めていたが、もうどうでもよくなっています。
行けるところまで・・・
ここからが本格登山、急斜面が待っていました(>_<)・・・・続く

2017年6月13日 (火)

強風で恐怖、吾妻小富士

一切経山~鎌沼周回して、浄土平に戻り
強風に懲りずに、吾妻小富士へ
 
階段を登ります。
Img_0830
 
Img_0833
お釜~ここもすごい強風typhoontyphoon
でかいすり鉢です。
Img_0834
時計回りで左の稜線を、強風ですが進みます。
この強風でもあの一番高い所に人がいますeye
Img_0836
吾妻小富士より見る火山地形
Img_0837
岩に隠れては進みますが、もう限界、お降りるのにも
かなりの勇気がいりました。
小砂利がずるずると、尻を着いて滑るように降りました。
Img_0838
落ちたら、あの底まで行ってしまいます(>_<)
Img_0840
Img_0841
浄土平駐車場 一切経山方面はガスの中です。
Img_0832
遠くから見る吾妻小富士がいいですね、絶景です~!
強風なんて想像もつきません(-_-;)
Img_0787_2
久々に訪れた、浄土平
あの階段を登ってお釜をみた記憶だけが残っています。

一切経山~鎌沼~吾妻小富士と
今回は初体験の台風のような暴風、貴重な体験をしましたが、
こんな時に登ってはいけませんね。
天気の良い日に、魔女の瞳を見にまた来ますね~!
 

2017年6月12日 (月)

強風で恐怖~一切経山

久々に福島へ

天気曇りで、雨の心配はなそうということで、行ってみたのですが、ビックリでした。
 
一切経山1949m~酸ヶ平~鎌沼~姥ケ原~吾妻小富士
6月3日(土)
観光で行ったことがある浄土平
何十年も前のことです。
Img_0780
一切経山に向かって歩きます。
Img_0784
振り返って、吾妻小富士 少し浅間山に似ていますね♬
青空~happy01
下山してきた方に、頂上はどんなですか?
魔女の瞳は見えましたかeye
300m位手前で強風の為、撤退してきました。ほ~強風ですか?
少しの期待を膨らませて進みます。
Img_0787
残雪歩きです。
Img_0792
鎌沼への分岐、酸ヶ平避難小屋が見えて来ました。
Img_0794
この辺よりかなりの強風typhoonです。
小屋に居られた人に頂上まで行きますか?
無理でしょう??そうですか?行けるところまで行ってみますshoe
Img_0796
鎌沼が見えます。
Img_0797
あと600mの所まで来ました。風はどんどん強くなります。
Img_0799
ガスガスで視界も悪くなります。登山口付近と大違いの天気(@_@)
Img_0801
頂上は近いのかdash
安達太良山とかこの辺の強風は凄いと聞いてはいましたが、まさかの
強風typhoon
飛ばされる寸前。岩の影に隠れて風が弱まるのを待ちますが、
無理ですsweat02
Img_0802
風で傾いています。
Img_0803
やっとここまで来ました~sweat01恐ろしや強風typhoon
10m位先に標柱があるのですが、とても行けそうにありません。
Img_0805
這うようにしてやっと、この標柱まで来ました。
魔女の瞳どころではありません。身の危険を感じますsweat02
雪渓の氷が飛んで来て、カチン、ヒョウが降って来たのかと思いました。
長居はできないので、すぐに下山。
Img_0808
茶色の松ぼっくり新鮮、寒さに耐えています。
Img_0814
鎌沼に向かいます。
Img_0816
木道すれすれまで、水があります。ガスってよく見えません。
Img_0817
姥ケ原の雪庇 
Img_0819
冬が終わり、遅い春が来たようです。
Img_0821
浄土平に向かう道は、川のように悪路です(>_<)
Img_0824
木々も芽吹いていません。
Img_0826
戻って来ました。まだ青空が広がってました。
Img_0827
魔女の瞳が見たくて行ってみましたが、まさかの強風!
天気よければ、東吾妻山にも行って見たかったのですが、この強風とガスでは
行っても展望もないので断念
また出直しでしょうか?
秋も良いということなので、季節を変えて行ってみたいですね~sign03
 
 

2014年8月28日 (木)

近からず遠からず『磐梯山』

久々の登山。
shoeを新調しての初めての登山です。

どこにしようか??天気も今一、ここはなんとか心配なさそうと
いうことで、『百名山の磐梯山』に決定、さすが人気の山とあって、駐車場はほぼ満車。
交通整理のおじさんが誘導してくれて駐車できました。
有料道路、駐車場無料、ありがたいことです。

久々の為、体力かなり落ちているのでゆっくり焦らず休み休みの登山と
なりました。

一番楽な八方台登山口、案内板を確認して登山口へ
8:10 頂上まで標準2時間頑張ります!!
天気sunです。

Dsc01371_640x480_2Dsc01373_640x480

ブナの森林浴の登山道、木漏れ日の中,,心地よい風が吹き汗だくとまでは
いきませんでした。  なだらかな道30分位歩いて、中の湯、硫黄spaの匂い
プンプン。ここを過ぎると弘法清水1.2kmまでは登山道らしくなります。
Dsc01374_640x480Dsc01377_640x480_3

途中、見晴らしのいい場所…桧原湖が見えます。

Dsc01384_640x480_3

断崖絶壁のクシガ峰

Dsc01391_640x480

弘法清水、お花畑分岐、そのまま弘法清水へ
Dsc01389_640x480
弘法清水、9:50 4合目?で冷たい水を飲み頂上目指します。
これだけ登って4合目?あと500M

P1020334_640x480

弘法清水から、本格登山道、岩ゴロゴロ細い急登。

Dsc01393_640x480
ガレ場の頂上が見えてきました。

Dsc01402_640x480

Dsc01404_640x480Dsc01405_640x480

1819m 10:40 頂上到着です。2時間30分こんなものですね。
(頂上5合目)
Dsc01409_640x480

多くの方が頂上に\(^o^)/さすが人気の山

Dsc01412_640x480

猪苗代湖方面はガスッてよく見えませんでしたが、まずまずの天気

お昼を食べて30分位で下山。
帰りは弘法清水からお花畑へ
お花畑より、弘法清水の小屋、磐梯山頂上です。
雲が多くなってきました。

Dsc01422_640x480
弘法清水よりお花畑登山道を下山します。

Dsc01413_640x480
黄色と白…お花畑満開です。

Dsc01423_640x480Dsc01420_640x480_2


トンボも何匹も飛んでいました、秋ですね~
Dsc01407_640x480__2

   オニアザミ                  アキノキリンソウ

Dsc01379_640x480Dsc01381_640x480

  ウメバチソウ                 ウスユキソウ(エーデルワイス)

Dsc01394_640x480_2Dsc01396_640x480_3

  タカネナデシコ                 ダイモンジ゙ソウ

Dsc01397_640x480Dsc01398_640x480

ミヤマシシウド (超デカ)                   ゴマナ?

Dsc01415_640x480Dsc01400_640x480

(花の名前、間違っていたらごめんさい)

下山途中、雷ゴロゴロ、雲行き怪しくなってきました。
1:20駐車場 無事下山。
Dsc01425_640x480

このあと30分位したら、ザーザーかなり強い雨になりました。
登山中とは大違い。早めに下山してよかった~
なんとか晴れマークだった、磐梯山

いつも磐越道通過時、見ていた山、念願かなって
百名山、ゲット!
近からず、遠からず、少し秋を感じながらいい登山ができました(◎´∀`)ノ

最近のトラックバック