フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2016年4月16日 (土)

花と残雪と…

越後白山1012m
4月10日(日)
一週間前に山開き。ちょっと気になっていた山
15年位前に、一回登ってから2回目。
前回は秋で,振り返った紅葉がすごく綺麗でした。
あと登りかけが急登で、体力がなく何度も休み休み
やっと登った記憶が残っています。

遠くから見る山はまだ頂上付近に残雪が見えます。
7合目までは、春らしい登山道、7合目からは、残雪と、極端過ぎる位
違っていました。
尾根線→頂上→田村線下山
同行者1名

今の里山は、花と、残雪とコラボして面白いです~!
慈光寺までの参道を歩いて登山口に向かいます。
参道途中で、今年初の、ニョロちゃんのお出迎え🐍
何かいいことありますように!
906_2
登っていくと、色々な花が咲いています。
908
木の幹にに咲く、すみれ かわいいですね。
907
カタクリ
909
イワウチワ
899
ここはカタクリより、イワウチワの群生が多かったです。
イワウチワロードでした。
895
 
898
ショウジョウバカマ
902
木々も芽吹いて春らしいですね。
894

いきなり雪山になってしまいましたね。
7合目過ぎより残雪が腐って、崩壊しているので、一歩一歩慎重に登ります。
929
ここも、落ちないように慎重に!
928
やっと、頂上小屋が見えて来ました~。
941
頂上小屋。標柱は雪に埋まってありません。残雪2m位。
ここでお昼とします。
940
頂上から見える粟ヶ岳
937
下山は田村線 ピストンにすればよかったかもshock
頂上近く、危ない、危ないthunderthunder
925
大きく根開け
920
下山口、またしても全く違いますね。
緑が多くなっています。
915
桜も綺麗です~!
914
この日のお昼、カップうどんに、パンケーキ
いつもこんな感じの山ごはんです。
(パンケーキ2枚入がお得感あり)
934
最初の急登も花が咲いていて、イワウチワを見ながら心うきうきとクリア、
7合目からは残雪を歩き、久しぶりの白山を楽しんで来ました。
少し、ブヨのうるさいところもありました。もうそんな山行の始まりなんですね。
 
 

2015年6月20日 (土)

ヒメ様に会いに…

ヒメサユリが登山道に咲いているこの時期、粟ガ岳1292m
去年登って、7合目でヘロヘロ、頂上までたどり着くのがやっとでしたが、
今年はどうなるか不安かかえて、ヒメサユリ登山イベント参加。
7合目より上にヒメサユリが咲いていると…
一番難儀な8合目付近のヒメサユリロードに癒されて、なんとか頂上へ。
去年よりは、少し体力付いたのか、ヘバリも少なくワイワイガヤガヤ、
大勢でお喋りしながらゆっくり登りました。
岩場あり、ハシゴあり、アップダウンあり、距離あり、キツイ山?です。
加茂水源地より 
Dsc03247_1024x768_2

1合目~3合目写真撮れずsweat02
Dsc03250_1024x768
大栃平、見晴らしのいい場所にでました。休憩
Dsc03251_1024x768
三段ハシゴ
Dsc03256_1024x768_3
岩登りです。
Dsc03259_1024x768
やっと6合目。頂上、一番奥遥かかなたです。
Dsc03261_1024x768
7合目ヒュッテです。ここで休憩。
これからが、かなりきついアップダウンの繰り返しです。
Dsc03262_1024x768
頂上は右の奥の山です。まだまだです。
Dsc03263_1024x768
ヒメサマ登場です。
Dsc03265_1024x768_3
色違いです。
Dsc03271_1024x768


Dsc03273_1024x768
ふり返ると…7合目ヒュッテからだいぶ登りました。赤い屋根の小屋が小さく見えます。
Dsc03278_1024x768
やっと8合目です。長かった~!あと25分
ここからが、一番つらかったような。

Dsc03281_1024x768
ヒメさまロード続いてます。

Dsc03285_1024x768
9号目あと15分 本当~?
Dsc03289_1024x768
まだ残雪があります。
Dsc03291_1024x768
頂上手前、最後のヒメサユリです。二人は頂上到着!
Dsc03296_1024x768
到着!
Dsc03300_1024x768
ゆっくりランチタイム。またしてもジンギスカンに野菜サラダ
すいかが美味しい~ 残さず全部食べてもらい荷を軽くするけど、
お腹が重い~眠気も!
Dsc03299_1024x768_2
下山、石ころの道は要注意!正面ピークの人、手を振ってくれました。
Dsc03307_1024x768
仲間が降りて来ます。
Dsc3500

水源地に戻って来ました。お疲れ様でした。
Dsc03311_1024x768

大勢で登ると、付いて行けるか心配。
迷惑かけないかばかり考えていましたが、ゆっくりと
登って4時間、ヘバリましたがなんとか登頂出来ました。
おそらく皆さん年下、若いので体力あり、ごまかし利きません。
今まで、仲間と登る事あまりなかったのですが、ワイワイガヤガヤ。
静かになると後ろの安否確認をして…
2回目、粟ヶ岳よく登ったな~fuji

15-18

2014年5月30日 (金)

国際交流が目的?春季登山

今年の所属する会の、春季登山
粟が岳、誰でも登れる山なので…案内に==え~誰でも??そんなことはない。
登った人は、大変だよ~の声ばかり。でも機会があれば
一度登ってみたい山であったので、参加申し込みをしました。
申し込みをした中には私以上にどうも怪しいのが…
☆一つではなく☆☆二つ、中級者レベル、どうなることやらbearing

参加16名(日本人会員6名、ベトナム人8名、モンゴル人2名)国際的~sweat01
外国人は、留学生でこの会とは関係ありませんが、リーダーが面倒を見ている様で参加)
頂上まで4時間?どうなることでしょう??

水源地登山道上り口            山が水面に写って綺麗です。
Dsc00862_640x480Dsc00863_640x480 

1合目     なだらかな山道です。このままであればいいのにな~

Dsc00865_640x480Dsc00867_640x480

2合目すぎると、急な登りに、だんだん先頭と後ろと差が付いて行きます。
梯子が…いよいよやってきた難儀くなるよ~

Dsc00870_640x480Dsc00872_640x480 

3合目~4合目 どうだったのか、登るのに精一杯です。

Dsc00873_640x480Dsc00880_640x480 

大栃平 見晴らしのいい場所にでました。水分補給。
ここで、塩飴を配ったら好評で、途中まだある?催促あり。
留学生、みんな笑顔でいいですね~shine

Dsc00882_640x480Dsc00875_529x640_2

 
残雪の山々。頂上はどこ??        登ってきた水源地だいぶ下に見えます。

Dsc00883_640x480Dsc00885_640x480 

梯子、梯子の登山道、疲労もかなり。まだ5合目sweat01

Dsc00886_640x480Dsc00889_640x480   


ゆるやかな稜線歩きかと思えば、またもや梯子。下山が心配。

Dsc00895_640x480Dsc00893_640x480   

キャー~この岩場、一番の難所、見るだけと思っていたら、ここを
登らないと上に行けません、おそるおそるゆっくりロープにつかまって。
Photo

6合目、稜線歩きもかなりの急登、頂上は右奥のはるか向こう、どこまで行くの~
先頭が登っているのが見えます。だいぶ差があります。

Dsc00899_640x480_2Dsc00900_640x480

山越え~山越え~、どこまでもどこまでもひたすら登ります。
足がもつれてきます。ときどき、虫が邪魔をしてきます。
気が付くて、腕に血が~食べても美味しくないぞ~bearing

Dsc00902_640x480_2Dsc00903_640x480_2    


7合目小屋、先頭が何人か待っていてくれました。16人で登っていますが、
早い人あり遅い人ありで、みんなどうなっているのか…電話がくるも気が付かず
かけようと思うと圏外、連絡とれず。私は、マイペースで登らないと頂上に
たどりつけそうもないので、単独?です。小屋の中を見ている余裕なし。
少し水分を補給して、雪道へ…(この小屋でリタイヤした人も)
後方者はどこ?

Dsc00909_640x480_2Dsc00908_640x480_2 

残雪と、タムシバの白が綺麗です。まだまだ頂上は遠い…本当にどこが頂上??

Dsc00910_640x480_2Dsc00911_640x480

                             ここでもカタクリの群生。

Dsc00918_640x480Dsc00913_640x480 
少しの水芭蕉の群生あり。    9合目、頂上まで15分、まだ遠くに見える~

Dsc00919_640x480_2 Dsc00920_640x480 
足が重くて、前に出すのがやっと、でも頑張れ~もう少しで頂上fuji
\(^o^)/いや~疲れた~お腹もすいた~喉も渇いた~寝転びたい~
途中、お握りを食べてる方を横目で見て、頂上まで我慢してきました。

Dsc00922_640x480 Dsc00923_640x480

早い遅いはありましたが、16人中12人到着。
それぞれランチタイム、学生が多いということだったので、お握り、漬物
果物、お菓子多めにリュックに入れました。それと飲み物、いつもより重いリュック、
(そんなに入れて登れるのと思いましたが、なんとかなりました)
じっとしていると寒くなりお湯を沸かしてホットスープ・ホットーコーヒーで体を温めます。
美味しい~(誰、水を担いできた人は、感謝です)
モンゴルのモモちゃんもよく頑張ったね。

Dsc00925_640x480Dsc00930_640x480 



頂上より今登って来た景色をみると7合目の赤い屋根の小屋小さく見えました。
この辺 ↓ よく登ったな~              登山口の水源地 ↓

Dsc00928_640x480Dsc00927_640x480_2
 
昼食後、下山、下りも長~い長~い道のりでした。

今の時期、姫様に会えるかなと…もう少しでお目覚めのようです。
      姫サユリ                   岩カガミ

Dsc00938_640x480_2Dsc00891_640x480_2 

最初から、最後までマイペースで登れたのでなんとか頂上にたどりつきました。
前にも、後ろにも誰かいると、せかされて、恐らく登れなかったでしょう!!
留学生も頑張りました!みんな日本語うまいので会話に不自由なし。
いい思い出になったかな??
岩あり、梯子あり、雪あり、花あり、緑あり、アップダウンの険しい山で
ハードではありましたが満足~sign03

誰でも登れる山…☆→☆☆中級者…やはり☆☆は大変ですが、
大パノラマの景色は見ごたえありましたshine

秋はどこかな??

最近のトラックバック