フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

2017年6月26日 (月)

雄大で展望の良い・・谷川連峰の茂倉岳へ

谷川連峰で3番目に高い茂倉岳(1978m)へ・・
6月17日
雄大で谷川岳や万太郎山の展望の良い山でした。

茂倉新道 登山口
暫くは粘土質の滑りやすい、樹林帯の登りです。
Img_0946
少し展望の良い場所にでました。
右に万太郎山を見ながら登ります。
Img_0947
中央奥が茂倉岳、右の稜線を登ります。ここまで花は殆ど咲いていません。
Img_0951
矢場の頭 ほぼ中間地点  
まだ2時間あります。かなりバテバテ(>_<)
展望の良い稜線歩きです。
Img_0957
細尾根です。あまり岩もなく登りやすい道でした。
Img_0959
あららガスが・・・
Img_0971
ひたすら下を向いて登っています。
061701_2
イチゲに足が止まります。花があると休憩できて助かります(;^_^A
Img_0981
茂倉岳避難小屋 ガス~(>_<)小屋を過ぎると頂上まであと少しです。
Img_0974
一番見頃??生き生きと咲いていました。
Img_0988
茂倉岳頂上 標柱は折れてました。
Img_0985
一ノ倉岳に向かいます。ここだけ雪渓歩きです。
ガスで真っ白
Img_0989
30分位で一の倉岳頂上です。
Img_0991
小さいカマボコ型避難小屋
Img_0992
雲海が凄い・・・頂上が平らな苗場山でしょうか?
Img_0999
Img_0996
ガスがサ~っと消えて、正面に尖がっている谷川岳 
 時間があれば行けますが、登り返しがキツソウです(T_T)
頂上に人が見えます。いっぱい登っているのでしょう!!
一ノ倉岳から見る谷川岳・・絶景です。
Img_1001
白毛門の方でしょうか??時間が過ぎると何山だったか??
Img_1002
ピストンで戻ります。
さっきガスで真っ白だった雪渓・ガスも晴れてこんな感じです。
Img_1009
Img_1013
さっき倒れていた標柱、立っています。どうしたんでしょう??
Img_1017
下山始めると青空に・・よくあるパターンですね。
谷川岳の稜線がくっきり・・肩の小屋も見えます。
Img_1021
ここから樹林帯に入ります。
Img_1024
 
谷川連峰、茂倉岳スライドした人、数人、静かな山歩きが出来る山でした。
展望も良い尾根歩き・・谷川岳、ドッカ-ンは大迫力。

茂倉岳から武能岳への周回も出来ますが、残雪で道が崩壊してるらしいので、
今回はピストンでした。
ヤマレコみたら、やはり崩れて20m位滑落したとか、渡渉もあるとでした。
落ち着いたら、周回もしてみたいです。

2016年7月19日 (火)

急登、絶景…谷川岳

谷川岳はロープウエーでしか登ったことがありませんでしたが、
今回、三大急登と言われる、西黒尾根に、山友さんと登って来ました。
三大急登というだけで、かなりビビります。
7月10日
コロコロ変わる天気予報、前日やっとAに変わったのはいいのですが、前日の雨、
蛇紋岩は滑りやすい、それが急となればちょっと、心配、いや大分心配(>_<)
色々ネットで調べてみると、やはり岩々。
でも慎重に登ればなんとかなるのか??
大勢の人が登っているから、大丈夫?!…意外と呑気なところもありsweat01

エースプラザより、すぐの登山口、まだ気にならない程度の小雨
これから晴れを期待して登ります。
樹林帯の急登、これどこまで続くの??
先が見えない急登に、時間だけがなぜか気になるのでした。
Dsc05857
休憩Pより見える景色、晴れて来そう(^.^)/~~~
Dsc05858
天神平ロープウエ-乗り場が見えますeye
Dsc05859
視界のいい場所にでました。青空~ここからが本当の急登の始まりです。
Dsc05860
来た~!岩登り、渋滞です。
Dsc05863
まだ、足をかけるところがあるので、登れます。
Dsc05864
これから行く稜線、登ってる人が見えます。景色がいいので、元気もらって登ります!
Dsc05865
Dsc05868
とにかく岩登りです。
Dsc05869
左が登って行く稜線、右は雪渓ありの絶景です(^O^)/
岩々ですが、こんな景色での登りは楽しいです。
Dsc05874
来た道を振り返ります。とにかく絶景heart04
三点指示で登ってますね。
Dsc05880
大きな岩、足をかける場所もなく鎖につかまり、踏ん張りますdash
Dsc05881
皆さん、頑張って登ってます~!
青空に絶景…最高の登りですheart04
Dsc05882
大きな蛇紋岩で、この岩は滑らないよ~と、お兄さん、楽しんでます。
Dsc05887
↑上の岩はこんな一枚なのです。岩の向こうは絶壁です(>_<)
Dsc05888
調子に乗って岩の上で一枚!
このあと、登山道に戻る時に、オットット~滑りました(T_T)
危ない~危ないthunderthunder
Dcs0712
上を見る、振り返るの繰り返し…景色にため息ですshine
Dsc05892
天神尾根から登ってる人も多数
Dsc05893
天神尾根との合流
Dsc05896
頂上が見えて来ました。あともう少し!ホッ!
Dsc05895
トマの耳、到着! オキノ耳に向かいます!
Dsc05900
万太郎山への稜線、かっこいい(^O^)/
Dsc05903
さっきまでいた、トマノ耳
Dsc05904
オキノ耳まで結構あります。ホッ!
Dsc05901
オキノ耳到着!
Dsc05905
オキノ耳より少し先に行きました。こんな鳥居があったんですね。
浅間神社
Dsc05906
この神社の手前に戻りお昼としました。
素晴らしい景色を眺めながらのお昼は、贅沢なご馳走ですsign03
Dsc05902
お昼を食べ、下山は天神尾根、ロープウエーで下山しました。
申し分ない青空、緑の絨毯を敷いたような山肌…
Dsc05910

谷川岳、西黒尾根、登山口より樹林帯を抜けるまでは景色もなく、
ひたすら登り、時間が遅く感じました。展望のいい場所にでると、
岩々の急登が待っていましたが、、青空と絶景が背中を押してくれて怖くもありましたが、楽しく登ることができました。
ロープウエーでは見れない絶景の尾根、天気に恵まれいい山行となりましたsign03

2012年10月21日 (日)

秋の一日…谷川岳

秋の一日、何も予定のない日ができたので、谷川岳に登ってきました。
谷川岳は7年前くらいに友人と登りました。その友人は悲しくも今はい
ません。そんな思いもあり、もう一回登って見たくなりました。
お天気にも恵まれ、紅葉もピークとても綺麗で登山日和sunとなりました。


谷川岳は、登山道の景色がすばらしい山です。
特に紅葉の季節は大勢の登山客で頂上付近は渋滞になります。

                谷川岳ロープウェーを下りて天神平より登ります。

1_4               紅葉がとても綺麗です。

2_5

3_9

4_7

5_8               進行方向、左に見える美しく雄大な稜線上に
           ずっと伸びていく万太郎山への登山道、こんな道を
           歩いたらどんなだろう…。

                    迫力があります。

                           ↓

Photo_2

6_4

7_2

8          頂上への尾根伝いの道、見渡す限りの絶景が励ましてくれます。
                          ↓

Photo

9_2

          一面の笹原、カサカサ、秋風が爽やかです。

10_2

頂上、オキノ耳1977m、トマノ耳1963m
谷川岳、頂部は二峰に分かれています。混雑で写真撮りは順番待ち
入れ替わるすきにやっと撮影

Photo_5Photo_7

            そびえ立つ頂上、足がガクガク?

Photo_8                   谷川岳全形です
                      ↓

12

谷川岳の登山道は岩場が多いのですが、景色がそれをカバ-
してくれます。頂上は360度の大パノラマが広がり絶景です

頂上まで約3時間、秋を満喫した一日でした。

最近のトラックバック