フラワー

リンク集

無料ブログはココログ

« 飯豊連峰に一歩踏み入れ | トップページ | 遠かった~白馬岳へ① »

2017年7月18日 (火)

雨飾山へ

雨飾山1963mへ
7月8日
 
長野県、小谷村~雨飾高原キャンプ場登山口
 
人気の山とあって、6時半には駐車場、ほぼ満車(@_@)
県外ナンバ-が殆どです。
青空~朝から暑いです。
Img_1195
暫く樹林帯の根っこありの登山道を登ります。
Img_1198
ブナ林
Img_1199
荒管沢の雪渓  
展望がいい所に出ました。
雪渓と、緑と青空と絶景です(*^^)v
Img_1201
別の世界に来たような景色が広がっています。
素晴らしい~shine
左から右へ雪渓を歩きます。
Img_1203
青空は最高の景色を見せてくれます。
見上げる布団菱の豪快な岩峰、迫力あります。
Img_1207
振り返って先ほど歩いた雪渓です。
Img_1210
雪渓を過ぎると、岩ごろの急登の始まりです!
Img_1211
急な梯子があります。
Img_1212
Img_1213
登り切ると、またしても岩ごろの登りです。
Img_1214
笹平に出ました (^.^)/~~~
中央奥が雨飾山です。この稜線はどこまでも歩いていたいようです。
Img_1216
Img_1219
雨飾山への最後の登りです。
Img_1222
双耳峰の頂上
西峰には、石碑と祠
Img_1227
東峰には石仏と石祠
Img_1231
頂上より笹平

歩いて来た道が、『乙女の横顔』に見えますよ。
Img_1233_2
 
来た道をピストンで戻ります。
汗、ポタポタ、暑い暑いsweat01sweat01
 
残雪と緑と笹平の稜線歩きと楽しめた、雨飾山でしたclover
 

« 飯豊連峰に一歩踏み入れ | トップページ | 遠かった~白馬岳へ① »

雨飾山」カテゴリの記事

コメント

汗をかくならやっぱり山ですよね
これから夏山シーズン頑張りましょうhappy01

こんばんは♪

暑い中、お疲れ様でした~
ボクも同じルートで3年前の9月に登りましたhappy01
北アから日本海までの絶景を今も鮮明に覚えています。
その後、地震による影響があったと聞きましたが…
もう完全に復活されているんでしょうか??

shine姉さんさま

汗出るよね~sweat01sweat02

そうそう、これからが夏山シーズン
梅雨明けももうすぐかな?!

shinebillさま

もう雨飾山登頂されてましたか。
地震の被害、登山道にはそれらしき場所はなかったような。
あるとすれば、雪渓の手前で少し崩れてたような。
雨飾山は、紅葉mapleも見事なんですよね。
9月だとまだ早かったかもですね。

雪渓歩きをするような山でも、この季節は暑いですかぁ。
汗だくにならない涼しい山に登りたいですね。
写真だと涼し気に見えるのになあ。
それでもガスガスより青空の方がGoodです。

shineハルさま

雪渓のとこだけ、ひんやりしてますが、
あとは暑いですね~。
笹平の手前の登りは、遮るものがないので、
直射日光もろにあたってました(-_-;)
写真にじりじりと湯気でも上がってる(まさかね)と
暑さがわかるのですが、
青空と緑ではわからないですねsweat01
やはり晴天行動ですねhappy01

おはようございます!

雨飾山、名前が素敵ですよねconfident
雪渓と緑、青空、なんてきれいなんでしょう!ヽ(´▽`)/
私も登ってみたい百名山ですfuji
秋の紅葉もすばらしいとかmaple
いつか登れるといいなあo(*^▽^*)o
あ、この日は私が磐梯山で死にそうになった日だわ(;´▽`A``

マインさん、こんにちは

今年は少雨ですが、スカッと晴れた日は少ないです。
それでいて暑さは近年まれにみるほど。。。
ナイスタイミングでしたね!

shineらるごさま

雨飾山は100名山
近く?にありながら行けなかった山でした。
今の時期は、残雪と緑と青空があれば
最高の景色になりますね。
汗、ポタポタ垂れてきて大変でしたが、
何とか、登頂してきました。
是非、紅葉の時期にいらして登頂してくださいね。

shine岳さま

雨が降ればゲリラ豪雨もあったりしましたが、
少雨ですね。
毎日、暑くて大変です。
山も標高があっても暑いですねsweat01

いいタイミングで行って来れましたhappy01

青空のもとでの登山はやはり感動が大きいですよね。
暑くて辛いこともませポタポタでも、なんか許せちゃう。。。みたいな。

それにしてもマインさんのタフな体力もすごいですが、早いペースで次々といろんなお山に登頂してらっしゃるのは、まるで登山家のようです。
かっこいいなあ。
あっというまに百名山、コンプリートしそうですね。

雨飾山はこの時期、とても残雪が美しいですね。
雨飾山というより。。。。雪飾山ってかんじかなー

shine野花さま

雪飾山ですか!
座布団2枚ですね((笑)

樹林帯抜けて、視界が広がった景色はもう圧巻でした。
おとぎの国にいるようでした。
やはり晴天行動はいいですね。
この時期は、ポタポタ付き物です。
飲み物もかなり消費しますね。
頂上に着いた時の達成感は、半端ないですhappy01

行きたいと思うと、行けるうちにって行動してしまいますshoe

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1553894/71129889

この記事へのトラックバック一覧です: 雨飾山へ:

« 飯豊連峰に一歩踏み入れ | トップページ | 遠かった~白馬岳へ① »

最近のトラックバック